豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
発表会にinspireされて
発表会にinspireされて


幼稚園の発表会、ガクの晴れ舞台をみんなで観にいってきた。
ガクの幼稚園の発表会は、毎年市民ホールで行われる。大きな舞台の明るい照明の中、ガクも少し緊張気味の様子ながらも一生懸命に他の年長の子どもたちと合奏や合唱をしていた。
僕は4年前ケイタの時を思い出しながらその舞台を見ていた。この舞台で「ビリーブ」を歌っていたケイタは小学4年生になり、僕の隣の席で同じ園の後輩たちを見ている。

「いいか、緊張してあがりそうになったら、人という字を手のひらに書いて飲み込むんだぞ」

家を出る前に緊張しているガクにケイタはそう教え諭していた。
発表会は一部二部構成で、第一部は年長を中心に構成されている。もうすぐ卒園ということもあって、その第一部は感慨深い合奏と合唱の舞台になっている。年長さんの今年の歌は「ゆめ若葉」だ。

『ぼくらはうまれてよかったよ 僕らをうんでくれてありがとう』

まったく満場のジジババ父母の涙腺を刺激する歌詞なのだ。年長さんが全員で緊張の面持ちで歌っている姿を見ていると僕も胸が熱くなった。ふと横を見ると感激屋のケイタも少し涙ぐんでいた。

それが終わるとガクたち年長は観客席に戻ってきて、一緒に、第二部の年中年少のお遊戯や音楽劇をみるのだ。緊張から解放されたガクもほっとした表情で楽しそうにお遊戯や劇を見ていた。

年中のあるクラスで『マンボdeマンボウ』のお遊戯を踊っていた。コレはケイタがやはり年中の時にこの舞台で踊った踊りだ。振り付けも衣装も5年前のケイタの時と同じだった。プログラムをみてからケイタはコレを楽しみにしていたらしく喜んでみていた。

最後には先生方総出演の楽しいアトラクションもあり、発表会は賑やかな感動で幕を閉じた。

夕食を終えてみんなで今日の発表会のビデオを見ていた時のことだ。

ガクちゃん上手だったねーと言いながら、先生たちのアトラクション(園長先生がマイケルジャクソンの踊りを踊っていた)に笑い転げていると、しばらく席をはずしていたケイタが、腰に色とりどりの色紙で腰ミノのようなものをつけて現われた。
自分の部屋で用意してきたらしい。
見ているとシャツやズボンを脱いでパンツ一枚になり、その腰ミノを振って踊りだした。『マンボdeマンボウ』の衣装のつもりのようだ。

この小学4年生は幼稚園児のお遊戯にインスパイアされたのだろう。ウケ狙いでその格好のまま、マイケルの真似まで始めた。
パンツ一丁で腰に変な飾りをつけたマイケルがムーンウォークをしてみせる。

全くこの小学4年生には笑わせてくれる。あまりの可笑しさに、僕がふざけてパンツを脱がそうとすると、「やめろよー」といいつつも自分からパンツを脱いで裸になった。
フルチンである。
ウケ狙いには裸になることも辞さない。

嫌がりつつも自分から脱ぐ…

お前は上島竜平かぁー!






ケイタが踊っていた『マンボdeマンボウ』
[PR]

by tonjies | 2010-02-07 19:16 | 豚児1号 ケイタ
<< 髪型をかえる 長いトイレ >>