豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
林間学校
(ケイタ)
林間学校


来週、幼稚園の林間学校がある。2泊3日のお泊り保育だ。もらってきたパンフを見せてもらうと那須高原のホテルに泊まるらしい。
この時点で、僕は「ホテルかよッー!」と思った。僕らの頃は、林間学校といえば、キャンプ場の粗末な施設で飯盒炊爨のイメージがあるのだが、ネットで調べると綺麗なホテルだし、各部屋もちゃんとしている。こんな所に泊まるのか。(クソぉー、うらやましい…)

パンフレットには、鮎つかみや登山、スイカ割りにキャンプファイヤーなど楽しそうなスケジュールが記載されていた。一クラスを2つの班に分けて複数の先生が面倒を見ることになっているらしい。残念だが父兄は参加できない。

ケイタのクラスは男の子が11人女の子が10人なので、踊りの時に○○君が余ってしまうんだ、とケイタが言っていた。

「その踊りというのは、林間学校でおどるのか?」

「そうだよ、その練習をしているんだ」

おお、それはフォークダンスのことではないのか。

遠い昔の記憶がよみがえる。懐かしくも恥ずかしい…フォークダンスという響き…女の子と手をつなぐのがうれしいような照れくさい気持ちや、ドキドキした期待感と好きな女の子とは組めなかった失望感…
キャンプファイヤーとフォークダンスという組み合わせは、前世紀の遺物だと思っていたが、まだやっていたのか。
男の子が一人余ってしまうという展開もなんとなくありがちだ。きっとその子は先生と踊るのだろう。幼稚園児にとってはクラスの女の子と踊るよりは先生と踊る方が楽しいのかもしれないが…
どんな曲なんだ?と聞いても、ケイタはよく覚えていないといって教えてくれなかった。

「いいなぁ、ケイタ、おとうさんも一緒に行きたいなぁー」 とうらやましがると、ケイタは仲のいい○○くんと一緒に寝るんだと楽しそうに話していた。

ネットで調べると近くにキャンプ場もあるし、こっそり隠れてついて行こうかとも思う。サングラスや変装して園児達の行くところ行くところに待ち伏せする。そして遊んでいるケイタの様子を望遠レンズを駆使してビデオで撮ることを考えた。

行く先々に出没する変なおじさんに、園児達もやがて気がついて、

「おかしいなぁ…あの変なおじさん、またいるよ」

「センセー、あの変なおじさんが…ビデオとっている」

とか言われてしまうかもしれない。

でも、ケイタのクラスの子ども達には僕は面が割れているので、「ケイタくんのパパだー」 とすぐにばれてしまいそうだ。

もちろんそれは冗談だけど、まだ一人でヨソの家に泊まったことがないケイタがみんなと一緒の林間保育でどんな反応を示すか、見てみたいと思う。
寝入るまで誰かに添い寝をしてもらっているような甘えん坊が、一人で大丈夫だろうか。

でも、そんなことも含めてケイタには、きっといい体験になるに違いない、と思うのだ。
[PR]

by tonjies | 2005-07-09 13:06 | 豚児1号 ケイタ
<< 大空と大地の中で ムシキングVSゴキキング >>