豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
子どもの夢をぶち壊す話
子どもの夢をぶち壊す話



我が家ではクリスマスツリーにサンタさんへの手紙が七夕のようにつり下げてある。サンタさんへのプレゼント希望の商品なのだが、今年、ガクは『オフロードのラジコンカーが欲しい」書いている。
小学1年生のガクはまだサンタを信じているようで、窓の方に向けて手紙を飾らないとサンタさんにはわからないよ、と教えると、あわててツリーの窓側に手紙を付け替えていた。

そんな可愛らしい弟に対して、兄の方の手紙には、欲深くたくさんのゲーム機やらゲームソフトを並べて書いてある。まるで注文書のようだ。さらに最後に『もしこれがダメだったら一万円』と念をおしている。

そんな不心得者にはサンタクロースは絶対にこないと思うが、そもそもケイタはもうサンタクロースを信じていない。

先日の夕食時にケイタがガクに向かってこんなことを言い始めた。

「子どもの夢をぶち壊すようで、悪いんだけど・・・」

(お前だってまだ子どもである)

「子どもの夢をぶち壊すようだけど、サンタクロースは、いない・・・から・・・」

そう得意気に、ガクに向かっていうのだ。

その時はガクの手前、「お父さんはいると思うよ」と誤魔化しておいたが、後で二人だけの時にケイタに別の話をした。以前このブログにも書いた数年前の新聞投書の話だ。



数年前の新聞の投書欄に載っていた父親と小学生くらいの子どもの会話

「お父さん、サンタさんって本当にいるの?」
「ああ、いるよ」
「だって、プレゼントはお父さんが買ってきてくれるんでしょう」
「ああ、そうだよ」

そのあとのお父さんの説明がよかった。

「サンタさんは世界中の子供たちにプレゼントをあげたいって思っているんだ。
だけど、サンタさん一人ではとても世界中の子どもたちにプレゼントをあげることができない。
だからサンタさんは、世界中のお父さんやお母さんに、子どもたちにプレゼントをあげたくなるように魔法をかけるんだ。
だって、不思議だろ、クリスマスになるとみんなが子どもたちにプレゼントをあげたくなるなんて…
これはきっとサンタさんの魔法なんだよ」

(2005年12月13日 『ママがサンタにキスをした』より)
 
という深イイ話をしてやったのだが、言い方がまずかったのか、ケイタの感性が鈍いのか、キョトンとした顔をして、「へんな話!」と言っていた。

「変な話かぁー、そうだよなー、だけど、ケイタ、自分で言うのも何だけど強靭な精神力をもつお父さんは、残念だけどこのサンタの魔法にはかからないから、子どもの夢をぶち壊すようだけど、ケイタには今年のクリスマスのプレゼントは、無しッ、以上!」

そういってこの話を切り上げた。
[PR]

by tonjies | 2010-12-20 23:03 | 豚児1号 ケイタ
<< バレンタインなんか嫌いだぁー! 手のひらにマジックでメモ書きす... >>