豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
夜泣きの理由
(ガク)
夜泣きの理由



ケイタが林間学校から帰ってきた。心配していた雨は大丈夫だったようで、スケジュール通り、キャンプファイヤーも登山もできたといって喜んでいた。

ケイタが出かけている間に、夜ガクを隣家に住む義母にあずけて、カミサンと二人で居酒屋にでも行こうかと話していた。考えてみるとカミサンとふたりで最後に飲みにいったのはガクを妊娠する前だから、もう3年もそんな機会はなかった。こんな機会でもなけれは二人で出かけるなんてとても無理なのだか、その計画も前週からガクが風邪を引いてしまったので無しになった。

ガクの風邪の方は熱も下がりたいしたことはなかったのだが、兄のケイタがいない間、どういうわけか、彼の機嫌がすこぶる悪かった。

ちょっとでも気に入らないことがあると、「わおぁー!」と叫んで、ちゃぶ台をひっくり返して怒っている。

ガッシャーン、ガラガラ…

お前は星一徹かぁー、と突っ込んでやりたいぐらいの怒りようなのだ。我が家にはちゃぶ台はないので、これはあくまで喩えなのだけど、大魔神ではあるまいし、笑っていたかと思うといきなり憤怒の表情に変わってしまうのでびっくりしてしまう。

そして、夜泣き。

赤ん坊のころならいざ知らず、この秋には2歳になるガクは普段は一度寝入ったら朝まで起きたりはしない。寝ぼけることはあっても、夜泣きなどとうに卒業したかと思っていた。
それが、ケイタのいない二晩ともひどい夜泣きをして、母親を眠らせてくれなかったらしい。

小さいなりに、いつもと違う家の中の雰囲気に気がついていたのだろう。ケイタが幼稚園にいっている昼間はいつも一人で遊んでいるので、兄がいないことには慣れているはずなのに、どういうわけか親たちが抱いていた不安感を感じてガクもそれに同調してしまったらしい。

もちろん言葉や頭の中で兄がいないことを理解しているのではなくて、ただなんとなく感じて不安に思ってしまうのだ。その不安な気持ちが高じて夜泣きになったものと思われる。

たぶんこの推測が当たっていたのだろう。

兄が帰ってきたら、ガクの夜泣きはぴたりと止んだ。
[PR]

by tonjies | 2005-07-17 00:13 | 豚児2号 ガク
<< 子どもは親を選べない 林間学校 その2 >>