豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
皇室仕様のあいさつ
皇室仕様のあいさつ


先日、ガクを連れて古本の大型チェーン店に行った。このお店には中古のゲームソフトも置いてあるのでガクはそれが目当てらしい。僕が古本の方をチェックしている間、ずーと一人で古いゲームソフトを念入りに物色していた。
自分の本を買った後、ガクを探しに行くと、プレステの古いゲームの前でしきりに悩んでいた。
プレステ1の車のゲームを買おうとしているらしい。値段を見ると100円である。家にはプレステ3もあって映像きれいなも最新のゲームをたくさん持っているくせに、ガクはこの手の古いゲームがかえって新鮮にうつるのかとても大好きなのだ。

プレステ1(CD)、プレステ2(DVD)プレステ3(ブルーディスク)という時代の流れを逆行する行為だけど、産まれた時からゲームに囲まれて育ったガクには、自分が産まれる前のゲームの方が新しく感じられるのだろう。
ゲームの製作年にやたら拘っていて、これは1992年、これは1995年と何度も繰り返し教えてくれる。

「100円なら今持っている小遣いで買えるだろ」
と言って一人でレジに行かせた。

遠くで見ていると、ゆっくりと財布からお金を出してレジのお姉さんに渡している。それからレシートと商品を手渡されえると、これまたゆっくりとした動作で丁寧にお辞儀をして受け取っていた。

それはまるで幼稚園の時に卒業証書を受け取ったときのような「うやうやしさ」のこもったお辞儀なのだ。
僕とカミサンは、ガクのこの仕草を見るのが好きで、コンビニなどでも、ガクにお金を渡しておやつとか買わせる。すると、ガクはたとえそれがガム一個の支払いでも、お釣とレシートを手渡されると、ゆっくりとバカ丁寧なお辞儀をして受けとてってくるのだ。

小さいときからそれは変わらない。このゆっくりとした動作とお辞儀の様子は、どうも皇室の方々のような振る舞いなのだ。まあ皇室の方々はコンビニや中古ゲームはお買いにならないだろうけど…

なんて育ちの良い「おぼちゃま」なのでしよう!

と世間では思われているかもしれない。

だが、この「おぼっちゃま」は家の中では豹変する。ご機嫌で遊んでいる時に僕が「そろそろ勉強しろ」と言うと、急に怒り出す。

「ナンデぇだよォー!」「うるさいんダよォー!」「ナンデやんなくちゃいけないだー」「ナにイッテんだぉー!」


可愛い顔に似合わない悪態の限りを尽くした後、やっと嫌々宿題に取り掛かるありさまなのだ。さらに気が乗らないときは、宿題をやりながらも上記のチンピラ言葉の悪態を吐いている。

外で見せる「うやうやしい」振る舞いとは雲泥の差である。絵に書いたような内弁慶の様子に笑ってしまう。

チンピラ言葉では中学生の兄を真似ているようなのだが、先日はあまりの怒りのため、そばにあった踏み台の上に乗り、両手拳を振り下ろしながら、「フンがぁーあああー」
と僕に向って怒っていた。
「なんて、分かりやすい怒り方なんだ…」
あまりに可笑しかったので、そばにいた兄とそのマネをして、からかっていた。
「ケイタ、今の見たか、フンがぁーあああー…」

しばらくすると、自分のことなのに、ガクまで笑い出した。



   
[PR]

by tonjies | 2012-09-15 15:31 | 豚児2号 ガク
もう、中学生 >>