豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
おっぱい、キモーい
(ケイタ)
おっぱい、キモーい



『キモイ』という言葉をケイタはよく使う。

先日もマンガ雑誌から女の人の裸が出ているマンガを見つけてきて、うれしそうに僕に報告にきた。

「おっぱい、つかんでいる…きもーいッ!」

『キモイ』というのは、気持ち悪いという意味で使っているのではなさそうだ。うれしそうに言っているところを見ると、『エッチだ』ということがなんとなく感じられてはしゃいでいるのだろう。
この性的なものに対する興味が僕は面白いなぁと思う。
深い意味はまるでわかっていないくせに、子どもは基本的にこういうことを好む。

「ちんちん、ぶらぶら、ソウセージ」 という言葉をまるで歌うように節をつけて連呼しているケイタを見ていると、口では注意しているものの可笑しくてしょうがない。

まったく、幼稚園児は何を考えていることやら…


作家の吉行淳之介が書いた幼年時代の回想に、自分が『お○○○』というと周りの大人が喜ぶのを感じて、この言葉はきっと人を楽しませる言葉なのだと思い込む話があった。吉行少年はある日来客を喜ばせようとこの言葉を連呼する。周りの大人の困ったような視線を感じて初めてこの言葉の意味を感じ取る。

もうだいぶ昔の話になるけれど、僕が大学生の頃のことだ。初めて一人暮らしをしたアパートの近所に住んでいた大家さんの孫達と仲良くなった。愛と太郎というこの姉弟はよく僕の部屋に来て遊んでいた。(愛ちゃんと太郎…愛ちゃんは太郎の嫁に行くというナツメロがあることを知ったのはそれからずいぶん後のことだ。あの子達の親はどういうつもりで名前をつけたのだろう。)

姉の方は小学1年生くらいで弟は今のケイタと同じ歳くらいだった。
ある日近所の商店街を一緒に歩いていた時、僕達の前に女の人が歩いていた。すると、愛ちゃんが僕に言うのだ。

「いま、おしり見たでしょ」

「はぁ…?」

最初は何を言っているのかよく分らなかったけれど、愛ちゃんは、僕の前に若い女の人がいるたびに「いま、(前の女の人の)おしり見たでしょ」と僕を責めるのだ。

なんというマセたガキだとそのときは思った。

弟のタロウは、八百屋の前でにんじんを自分の股間にあてがって「ちんちん、ちんちん」と連呼してはしゃいでいた。この太郎は、にんじんに限らず、僕の部屋の中でも何か細長いものを見かけるたびに股間にあてがって「ちんちん、ちんちん」と言っていた。
鉛筆やサインペンなどの細くてとがったものを見つけると自分の股間に持っていかないと気がすまないようで、そしてそれらはすべて彼のちんちんにされてしまうのだった。

あれから20年近くたって、愛ちゃんも太郎も立派な大人になっているのだろう。もう人の親になっているかもしれない。『ちんちんタロウ』はどんな大人になっているだろうかと時々思う。
[PR]

by tonjies | 2005-09-04 01:25 | 豚児1号 ケイタ
<< 我が家の選挙ポスター たまごっちがない >>