豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
たくさん食べて大きくなーれ
たくさん食べて大きくなーれ



我が家の子ども達は2人とも小さいころから食が細かった。食べ物の好き嫌いがはっきりしていて、たとえお腹が空いていたとしても嫌いなものは食べようとはしない。

嫌いな食べ物を食べないというのならまだ納得がいくが、この嫌いなものというのが食べたことがないもの一般をさすらしく、食べたことがないものは彼らにとって全て嫌いなものなのだ。
なんという食わず嫌い…初めてナマコやウニを食べた人を見習えといいたい。食べる量も少ないし、これはいったい誰に似てしまったのだろうと常々思っていた。

カミサンは元体育会系だから学生のころはドカベンを食べていたらしいし、(実際高校のころに使っていた弁当箱を見せてもらったことがある…それは女子高校生のものとは思えない大きなドカベンだった…山田太郎や悪球打ちの岩鬼が持っていたようなドカベンを食べている女子高校生を想像して思わず笑ってしまった)

僕も食事の嗜好に薀蓄をたれる肝臓肥大の知ったかぶりよりも、出されたものは何でも「美味い美味い」といって残さずに食べる方が格好良いと考えているので、その健啖家夫婦の子どもが繊細な食生活に甘んじていることが信じられない思いがしていた。

子ども達がたくさん食べただけでなんだかほっとするようだったのだが、そんな子ども達もこのところ少しずつ変わり始めてきた。

ケイタは量だけなら大人に負けないくらいのご飯を食べるようになった。感心なことにオカズも少しずつだけど新しいもの自ら食べようと努力している。毎日ひとつずつ新しいものを食べてみるということを日課にし始めたのだ。たぶん全身全霊で遊ぶことに起きている時間のほとんどを費やしているのでおなかが空くのだろう。夕方近くになると、

「かあちゃん、はらへったぁー」 と言っている。

なんだかドリフのコントのセリフのような言葉もこれまでの少食ぶりを思うとうれしい言葉だ。

ケイタはまだ会話が成立しているのでなんとか宥めたりおだてて色々なものを食べさせる作戦が効を奏しているのだが、ガクはまだ手におえない。嫌いなものは口に持っていっても一切食べてくれない。「フンッ」と抗議されるか、口に含ませても吐き出してしまう。チビの癖にここまで強情な嗜好をもつことに呆れるよりもその頑なな意思の強さにある種の敬意すら感じてしまった。

そんなガクも気に入ったものだけはたくさん食べることができるようになった。納豆ご飯が今1番のお気に入りらしく大人の一膳分ぐらい平気で食べている。
「おいしー、おいしー、」と催促しながら食べている様子はホンの少し前まででは信じられない光景だ。
この納豆のおかげかひどい便秘で苦しんでいたのが嘘のように毎日快便の日が続いている。
[PR]

by tonjies | 2005-12-02 13:04 | 豚児1号 ケイタ
<< 朝の寝顔 パンを買ってきた >>