豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
スキンシップが好き
(ガク)
スキンシップが好き



ガクはスキンシップを好む。どういうわけかひとの素肌が大好きで誰かが着替えようとシャツを脱いだりすると寄ってきて、ピタッっと張り付く。暖かくて気持ちがいいのか、背中やお腹に頬を密着させてじっとしている。

素肌大好き…これは母親だけではなく僕でもケイタに対しても同じ事をするので、たぶん裸だったら誰でもいいのだろう。

お風呂に入れる時もそうだ。しばらく僕の裸の胸に張り付いてじっとしている。しばらくそうしていると満足するらしい。
「素肌が好きぃーピタッ」という様子はなんとも可愛らしく愛らしい。何度も書いているけれど泣き叫ぶ時の怒りの大魔人と化したガクと同一人物とは思えないくらいだ。


ケイタがこのガクの癖を面白がって、自分に抱きつかせようとよくしている。

「がくぅうー、がくぅー」と声をかけてシャツをたくし上げてお腹を見せるのだ。ガクも喜んでおにいちゃんのお腹に頬を寄せて張り付いて和んでいる。
そんなガクの様子がケイタも可愛くてしょうがないらしく、「しょうがないなぁー、ガクは…」と言いながらも喜んでいた。

この「しょうがないなぁー、ガクは…」というセリフはケイタの口癖で、ガクの世話をしたり遊んであげるときによくそういっている。バナナを食べさせてやっている時も、兄を信頼しきって無邪気に口をあけてアーンと催促している弟を可愛く思っているのだろう。優しいお兄ちゃんである自分に照れてそんなセリフがでるらしい。

大好きなお兄ちゃんが何度も何度もシャツをあげて裸を見せるものだから、ガクも喜んで抱きついていく。でも何度もやっているうちに大概ガクの方が先にその遊びに飽きてしまって一人で別の遊び始めてしまうのだ。

兄とはいえケイタもまだ幼稚園児なので加減というものを知らない。とっくに飽きているガクを追い掛け回しながら「がくぅー、がくぅー」と叫んでいる。
そう何度も裸を見せられてはガクでなくとも飽きるというものだ。

それでも何度も何度もお腹を出してガクを追いまわしている様子はなんだかおかしいのやら痛々しいのやら見ているほうは複雑な気持ちだ。

ガクの相手をしてあげるという優しい気持ちが空回りしているお兄ちゃん…

「ありがとうなぁー、ケイタ…」

僕はいつも、そう声をかけることにしている。
[PR]

by tonjies | 2005-12-29 12:51 | 豚児2号 ガク
<< 初めての理髪店 父ちゃんは母ちゃんが好きじゃない >>