豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
白銀は招くよ
(ケイタ)
白銀は招くよ

私をスキーに連れてって



先週の週末ケイタを連れて長野の田舎に遊びに行った。今回はスキー場に連れて行って雪の中で遊ばせてやろうという企画なのだが、カミサンとガクは留守番で、僕とケイタの二人だけの小旅行となった。
たった2泊3日なのにケイタの着替えやスキーウェア、長靴を詰め込むと僕の担ぐバッグはかなり重くなった。ケイタにも昨年の林間学校のときに使ったリュックサックを背負わせて自分のおもちゃやお菓子は自分で運ばせるようにした。

「新幹線に乗るのは初めてだねぇー」何度も乗ったことがあるくせにそんなことを言ってはしゃいでいる。
新幹線に乗るとさっそく座席の前のテーブルに飲み物やお菓子を広げて自分で気分を盛り上げていた。

新幹線に乗ると一時間ほどで長野に着いてしまうのだが、その一時間がもたなくてケイタはすっかり飽きてしまっていた。こんなこともあるだろうと、僕はipotにアニメの主題歌や幼稚園の歌をたくさん仕込んでおいたのだ。
座席に座って大人しくヘッドフォンをしている幼稚園児はとても生意気そうだった。


着いたその日の午後に実家の近所のスキー場に連れて行ってもらってソリで遊んだ。最初のうちはスピードが出るのが怖くてすぐに転んでしまっていたが、そのうちにコツをつかんだらしく一人で何度もソリを滑らせて遊び始めた。もともと自転車でもガラガラと我が家では呼んでいる幼児用の跨ってのる玩具でも斜面をスピードを出して下りる遊びはケイタの得意とするところなのだ。

何度も雪の斜面を登っていって滑り下りてくるのをくり返している。そのうちに自分で工夫してドリフトをして曲がってみたり、よく飽きないなと思うほど遊んでいた。

翌日も違うスキー場に連れて行ってもらって、子ども専用のゲレンデでそり遊びを楽しんだ。
幸い二日とも晴天に恵まれて、ケイタの付き添いで見ているだけの僕たちも寒い思いをせずにポカポカ陽気のなかでのんびり出来た。

思い切り身体を動かして遊んだからお腹がすいたのだろう。夕食では普段ほとんど食べたことがないスキヤキの牛肉をびっくりするくらいたくさん食べた。ご飯ももりもりと食べるのを見て偏食が激しく少食のケイタしか知らない伯父や祖母は目を丸くしていた。

この家には姪っ子たちも成人してしまったので、久しぶりに遊びに来たケイタの天下になっていて、皆に遊んでもらえるのがうれしかったのか、夕食後も興奮したまま寝るまでハイテンションではしゃいでいた。
母親を恋しがって一回ぐらい泣くかなと思っていたのだが、昼間の疲れもあって歯を磨いて着替えさせると二日ともコタツの中でおとなしく寝てしまった。そのまま蒲団に連れて行くと朝までぐっすり寝てくれたので僕としてはとても楽だった。

帰る日にはまだ帰りたくないようなそぶりまでみせてケイタは、

「来年は、スキーをやりたい」

と言って、新幹線乗り場まで見送りに来てくれた伯父さんとババに手を振っていた。
[PR]

by tonjies | 2006-02-16 00:30 | 豚児1号 ケイタ
<< 知らない、知らない… トリノ・オリンピック >>