豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
知らない、知らない…
(ガク)
知らない、知らない…



最近のガクの口癖に「ちらない、ちらない」というのがある。

大正時代か昭和初期のカフェの女給が着物の袖を口にくわえて、つれなくされた男性に、「もう、知らない、知らない…」 と拗ねてみせるような口調でガクは言うのだ。

僕は昭和初期のカフェには行ったことがないので実際には聞いたことはないのだが、ガクの「ちらない、ちらない」という言葉を聞くたびにそんな思いが去来する。

同じく「わかんなぁーい」というのもある。これもいかにもバカっぽい女子高校生が言いそうなセリフだ。

基本的にこれらの言葉をガクは意味を分からずに使っているのだけれど、叱られたときにタイミングよく「しらない」「わかんない」といわれると、叱っている気持ちが一気に萎えて笑ってしまう。


「知らない」「わかんなぁい」と言う2歳児に、いったいお前は何を知っているのというのだと思う。実際に2年と少ししか世の中を見ていないのだから、見るもの聞くものが全て知らないものばかりだ。あえて『知らない』と言うまでもなくもっと謙虚に知識を吸収していかなければならない時期ではないか。


でも、逆にガクから「じゃぁあ、お父さんは、何を知っているの?」と聞かれたら僕は言葉に窮してしまうだろう。無駄で雑多な知識は数多く持っているけれど、もっとも『大切なこと』を知っていると本当に言えるのだろうか。

「おとうさん、ボクは何も知らないけれど、少なくとも自分が知らないということを知っているのです…」

ガクが澄んだ目でそう訴えているような気がする。ソクラテスの『無知の知』だ。


ガクからそう言われたら、お母さんは『ソクラテスの妻』かもしれないけれど、お父さんはソクラテスではないから、そんなことは、

『ちらない。ちらない…』

と言い訳をしようと思う。
[PR]

by tonjies | 2006-02-22 21:49 | 豚児2号 ガク
<< イエースッ!と叫ぶ2歳児 白銀は招くよ >>