豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
慎重派 石橋を叩いても渡らない
(ガク)
慎重派
石橋を叩いても渡らない


ケイタは後先考えないで行動してしまうので、階段の上り下りやイスなどは危なっかしくて見ていられなかった。床でもよくひっくりかえるので、彼のために家具の尖ったところは全てクッションを貼り付けて少しでも怪我のないように気を使っていた。
そんな話を会社ですると子育ての先輩達から、そんなに注意するのは長子だからで、次(次男次女)からはそんなに気にしなくなるとよく言われたものだ。

たしかに次男のガクに対しては僕たちはそんなに気を使わなくなった。でもそれは僕たちが子育てに慣れたということだけでなく、ガク自身が兄に比べて慎重に行動する子供だからだ。
オスワリが出来るようになった頃ケイタはよく後ろにひっくり返って頭を打って泣いていたけれど、同じ頃のガクは床でひっくり返ることはほとんどなかった。階段も自分では無理だとわかると決して無茶はしないし、誰かの手を借りてイスから下りたりするのを見ていると、怖いもの知らずで『見る前に飛ぶ』ケイタとは兄弟でもだいぶ違うタイプらしい。

公園の斜面でもそうだ。

兄の2歳の頃と比べるとガクは乱暴だし大胆で荒っぽいことが大好きなのだが、不思議と坂道がまだ怖いらしく、よく遊びに行く公園の斜面でも固まってしまう。
公園の小山は芝生だし、急斜面というわけでもない。転んでもあまり痛くなさそうなのだが、どういうわけかガクはここを一人で上ることができないのだ。

兄のケイタが2歳の頃はこの同じ場所で「キャッキャア」と叫びながら駆け下りていた。たぶん走ることを覚え始めた頃だったので、単純に走ること自体が面白かったのだろう。何度も登っては駆け下りるという単純な遊びを飽きることなく繰り返していた。

でもガクはその坂の途中まで登ると、怖くなってしまうのか前にも後ろにもいけなくなってしまう。固まったまま進退窮まった様子で僕の方に振り向き助けを乞う。放っておくと泣き出すので手を差し出すとしっかりとその手を握ってやっと歩き出すのだ。

手さえ握っていれば、安心するらしく降りる時もどたばた跳ねるようにおりてくる。


気が強いくせに小心で臆病なヤツだ、と思うがこれも何事も慎重に行動することを心がけているガクの性格の良い一面なのだろうと僕は考えている。
[PR]

by tonjies | 2006-03-06 23:58 | 豚児2号 ガク
<< もうすぐ、卒園 ダンシングベイビー >>