豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
かくれんぼをする

(ケイタ)
かくれんぼをする


犬の散歩の途中に立ち寄る公園でケイタと『かくれんぼ』をした。

かくれんぼといっても小学1年生が相手だし二人きりなので本格的なものではないのだが、物陰に隠れて「わぁー!」 と不意打ちをかますとケイタが目を白黒させて喜んでいる。

ケイタはこのドキドキする感じが大好きで、いつも

「おとー(お父さんの略称)、かくれんぼしよう?」 と誘ってくる。

かくれんぼが好きな割には、僕が犬と一緒に上手く隠れてしまってしばらく見つからないとオニになったケイタは半べそをかきはじめる。ほんのちょっと見つからないだけでもすぐにあきらめてしまい、一人っきりになった寂しさから涙がでてしまうらしい。
隠れるといっても塀や壁の陰にいるだけだのだが、すぐ側から「おとー、おとー」 と泣きそうな声が聞こえることがある。
もう小学生なのだけど、気の弱さというか甘えん坊のところがまだ抜けきらない。下の子が2歳児の癖にすでに気の強い強情な性格の片鱗を覗かせて母親を困らせているのと比べると、長男で争う相手もなく、のんびりと甘やかされて育ってきたからなのかとも思う。でも、たぶんその子のもって産まれた性格によるところもたぶんにあるのだろうし、それらの性格もどちらが優れているというものでもなさそうだ。

とはいうものの、かくれんぼくらいでも泣いてしまう相手だと、ごっこの時でもその加減が難しい。僕が隠れる時にはリードに繋いだコロをわざとケイタの見えるようにしておくようにしている。すると彼も安心するのか、僕がいることはわかっているのに

「おかしいなぁ、おとーどこにいったのかなぁー」 とひとりで演技している。

そしてひとしきりあたりを探すフリをした後で、大袈裟なそぶりで、たった今見つけたようにふるまうのだ。

反対にケイタが隠れている時には、僕が公園の繁みの中にうずくまっている彼を見ないフリをしながら歩き回っている。
もうそろそろ飽きて出てくるだろうと思っていてもなかなか出てこない。

「ケイタ、どこに隠れているのかなぁー」

ドキドキしながら一生懸命に得意気に隠れているのがいじらしいいので見つからないふりをしていると、隠れているケイタの方から声を出して僕を誘ってくる。

「おとー、ケイタはここだよー」


見つけられないように隠れているのだけど、見つけて欲しいような…気持ち
かくれんぼは悲しい遊びだ。
ふだん生意気な口をきいたり悪ぶった言葉づかいをするようになってはいるものの、こういう場面ではまだまだ幼いなと感じてしまう。



先日も、先に寝てしまったガクの横でなかなか寝付けなかったケイタが階下にいた母親を呼びに来た。一緒に寝てもらいたかったらしく、「お母さんはまだ寝ないの」 と何度も言っていた。

「おかしいなぁ、ケイタ、赤ちゃんみたいだな」

普段こういうことをいわれると必ず、「バカにすんじゃねぇー!」 と巻き舌で反発するケイタがこのときは眠たかったのか、素直にそれを認めたという。

「おれさぁー、ほんとは、まだ、赤ちゃんなんだぁー」

可愛かったーと話す母親の報告を聞きながら、まだまだだなぁと僕はあらためて思った。
でも成長の証を垣間見せたり、甘えて見せたり、その繰り返しの中から育んでいくものが大切なのだろう。
「3歩進んで2歩下がる」 と古代ギリシャの賢人もいっているように、一歩一歩の成長こそが人を強くするのだ・・・

(あれッ・・・ギリシャの哲学者の言葉じゃなかったっけ?)
[PR]

by tonjies | 2006-06-05 16:20 | 豚児1号 ケイタ
<< 4年前のワールドカップ 学問のスルメ >>