豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
歯が抜けた
(ケイタ)
歯が抜けた


ケイタの歯が抜けた。
乳歯から生え変わる時期らしく、最初は下の前歯2本がぐらぐらしてきた。最初の1本は自分も知らないうちに抜けたようで、どこかにいってしまったとケイタが言っていた。

そのうちにぐらぐらしているもう1本の奥から新しい歯が奥から顔を出してきた。乳歯の下から永久歯が生えてくるときに前の乳歯の根の部分を溶かしながらでてくるらしく、ぐらぐらしているその乳歯はもう歯茎についているだけだが、なかなか抜けない。歯並びが悪くなってはと心配して歯医者に行くことになった。

虫歯がまだ一本もないケイタはまだ歯医者に行ったことがなかった。ダダでさえ医者嫌いのケイタが歯医者など、大丈夫なのかとも思ったが、予想どうり連れて行った母親から後で聞いた話だと、ケイタがあまりに泣き叫ぶのでたいへんだったらしい。


近所のこの歯医者には僕も虫歯治療に通っているので、後にそこの歯科医師からもケイタの様子を聞くことが出来た。
おしゃべり好きのケイタは歯医者のイスに座っても嬉しそうにはしゃいでいたらしいのだが、いざイスを倒すと急に「やっぱー、おれぇーダメかもしれない…」 といって泣き出してしまったという。
イスを戻すと元気を取り戻して、弟の話や家族のことを話しだすのだが、しばらくしてまたイスを倒そうとすると、怖くなって泣き出し始める。それをしばらく繰り返して結局は何の治療も出来なかった。と笑いながら話してくれた。

歯科助手の女の人からも、「おもしろい息子さんですね」 といわれてしまった。

僕でさえも億劫になる歯医者通いは気の小さなケイタにはまだ無理のようだ。




心配していた下の前歯のケイタが自分でいじっていて抜いてしまった。歯医者でも放っておいて大丈夫と言われていたので、そのままにしておいたのだが心配するほどのことはなかったようだ。

しばらくすると、つぎに上の前歯2本がぐらぐらしてきた。前回のことがあったので乳歯の生え変わりについてちょっと調べてみたのだが、前歯の下上から順番に抜けていくようになっているらしい。不思議だがよくできた仕組みになっている。よくできたついでにサメのように何回も生えかわってくれたら僕も歯医者通いをせずにすむのだが、そうすると家の軒下や屋根の上は抜け落ちた歯でいっぱいになってしまうかもしれない、と思った。


ケイタの今度の前歯2本は前回とは異なり劇的な抜け方をした。近所のお友達二人と2階で遊んでいるうちに転んだのかぶつかったのかした拍子に2本ともぬけてしまったらしい。

三人であわてて階下の母親に報告に来たという。

「ケイタの歯が、ぬけたぁー」

あっけない抜け方に拍子抜けしたのか、血が少し出たそうだがケイタも泣かずにすんだようだ。

2本抜けたうちの1本はケイタがその時に持ってきたのだが、もう一本がどこに行ったか分からないという。その一本はお友達が帰ったあとにケイタの部屋を掃除していた母親が見つけた。

そういうわけで、今、ケイタは下の歯2本は少し顔をのぞかせているものの上の前歯2本がない状態なので笑うと、なんだか子猫みたいな顔になる。

我が家の『歯抜けじじい』は、先日、無謀にも茹でたトウモロコシにかぶりつこうとして悪戦苦闘していた。
[PR]

by tonjies | 2006-07-01 02:54 | 豚児1号 ケイタ
<< 最強の子育て 「つまんねー」と言う2歳児 >>