豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
土曜日のマックで
(ガク)
土曜日のマックで


毎週土曜日の午前中は兄のケイタが所属するサッカークラブの練習があるので、母親がその付き添いで出かけている。弟のガクを連れて行くこともあるのだが、ガクは一ヶ所にとどまって周囲に対する自己の探究心と好奇心を抑制することを潔しとしないので、(平たく言うと少しもじっとしていないということだが)僕とふたりで留守番をしていることが多い。

先日は久しぶりに雨が上がっていたので自転車で散歩に行った。
前にも書いたことがあるけれど、ハンドルの間に幼児座らせて自転車に乗るのは楽しい。
子供を持つまで、この自転車に乗ることは僕の中でちょっとした憧れだった。

自転車のゆっくりとした移動速度が、通り過ぎる車や景色を眺めて楽しむにはもってこいだ。車だとスピードが速すぎるし運転する僕はそっちの方に集中しているので、子供と一緒に景色を楽しむことが出来ない。でも自転車ならすぐに止まれるし、線路沿いで電車をみるにしても駐車スペースを気にすることもない。

なによりも通り過ぎる景色を感動の目で眺めている子どもの目線で一緒に楽しめるのが嬉しい。兄のケイタが幼い頃もこうやってよく自転車に乗せていた。
遮断機が下りて電車が通りすぎるのを待っているだけのつまらない風景も、ワクワクして次にどんな電車が来るのか目を輝かせている幼児と一緒にいることで、その感動が僕にも波及するかのようだ。


国道沿いの道を通ると、ただでさえ高かったガクのテンションがもう一段階跳ね上がった。大好きな車がたくさん見られるので、おおはしゃぎで喜んでいる。雨の日が続いたので久しぶりの外出が嬉しいのだろう。あとで母親に聞くと、このところ国道沿いの道がガクのお気に入りになっていて毎回はしゃぎ出して喜んでいるらしい。

「えしゅにしぇん(S2000)、いんぷれっしゃー(インプレッサ)、くしゅえいとー(RX8)、かいらいんー(スカイライン)、あったねー、あったねー」 

出会う車の車種を叫んでいる様子は3歳の頃の兄とまったく同じだ。兄弟だとこういうところも似てくるのだろうか。

遠回りして駅前のマクドナルドに入った。ガクと2人だけでこういうお店に入るのは初めての体験だった。じっとしていないようならそのままテイクアウトしようと思っていたら、景品のおもちゃの車(カーズ)を手にするとそのまま遊び始めた。


ガクはちょこんとイスに座ってテーブルの上で車を走らせて遊んでいる。たぶん新しい玩具のおかげなのだろうが、こういう店でガクがおとなしくポテトを食べたり牛乳を飲んでいるのはちょっと不思議な光景だった。
あれは嫌だ、これじゃダメだと泣き叫んでいる普段の食事の喧騒を考えると、こんなにおとなしくて落ち着いている様子はなんだかとてもイイ子のようにみえる。
おそらく家の中ではそれを許してくれる回りの親や祖母に甘えて我儘勝手にふるまっているのだろう。外の世界ということをガクも感じ取って社会性を発揮しているのかもしれない。ともかく、僕もコーヒーをお変わりして思いがけずゆっくりとすることが出来た。

遊びつかれて眠たくなったのか、帰る頃には自転車に乗りながら、こっくりこっくりと舟を漕ぎ始めた。気持ちのいい風が吹いている。
フラフラするガクの頭を片腕でささえながら、僕はゆっくりと自転車を走らせた。
[PR]

by tonjies | 2006-07-23 16:28 | 豚児2号 ガク
<< 妖怪かまたたしー 最強の子育て >>