豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
花嫁のブーケ
(ケイタ)
花嫁のブーケ


先日親戚の結婚式があり、ケイタとガクもネクタイ姿の正装で出席した。ケイタのスーツ姿は入学式でも見ているのだけど、はじめて見たガクのネクタイ姿はとても賢そうに見えた。なんだか急に大きくなったような気がする。

結婚式で一番面白かったのは花嫁のブーケトスの時だった。
新婦の友人達に混じってケイタが最前列で真剣な顔で投げられる花束を待ち構えていた。ブーケトスの意味を分かっているとはとても思えないのだが、ゲームの一種のように感じていたらしい。
ドレスアップしてヒールを履いた女の人たちと比べると、身長では負けているもののサッカーで鍛えているケイタは敏捷性では負けていない。案の定、頭の上に投げられた花嫁のブーケをジャンプして掴み取り、勝ち誇ったように花束を振りかざして周囲の笑いを誘っていた。

後で、「怖い顔をしたおねいちゃんが睨んでいなかったか?」 と聞いてみたがそのゲームに熱中してケイタは周囲の様子はあまり目に入らなかったようだ。

「これは、あたしのよッ!、キィーツ!」 と小学生の頭を殴って花束を奪い取っていく…ような女の人がいても面白かったのに…と僕は思った。まあ、そんなやつはめったにいないと思うが…

ケイタはナイフとフォークを使う食事がいたく気に入ったらしく、最近親たちを喜ばしている健啖家ぶりを発揮していた。たくさんの大人が自分をかまってくれることに興奮しっぱなしで、何度も叱られていたが、久しぶりにあった親戚の女の子とおしゃべりをしたり結婚式の披露宴を楽しんでいるようだった。
結局、ケータが取ったブーケはその親戚の幼稚園年中の女の子にあげてしまった。ケイタがもっていても次の花嫁にはたぶんなれそうもないし、花束を持っているのに飽きてもてあましていたのだ。でも、周りに促されて女の子にあげてしまうと、「本当は(花束を)あげたくなかったんだ…」 と惜しそうに何度も言っていた。

ガクはお得意の「ぎゃーぁー」 という叫び声を披露宴の静まり返ったシーン(特に最後の花束贈呈や挨拶の時に)披露しないかと心配していたが、母親が用意した新しいおもちゃでおとなしく遊んでいた。次々に小出しに出てくる食玩やミニカーに目を奪われているうちに寝てしまった。

子どもちによるプレゼント贈呈の儀式の役も無事に済ませると、それまでハイテンションを維持していたケイタもさすがに疲れたのか、ウトウトし始めた。



「ガクちゃん、いい子だったね」

帰りの車の中で、ガクが披露宴の間おとなしくしていたことを母親が褒めていた。

「ケイタもとてもいい子だったぞ」 と僕がフォローすると、

「そうか、ケイタもいい子だった?・・・どうも・・・ありがと・・・」

いつも叱られていることのほうが多いからか、ケイタはたまに褒められると照れてしまうらしい。
それからは何度も自慢気に、自分がブーケを取ったことを繰り返し話していた。
[PR]

by tonjies | 2006-08-31 06:36 | 豚児1号 ケイタ
<< クマの子みていた、かくれんぼ 幼児の叫び >>