豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
自転車で田んぼに落ちる
自転車で田んぼに落ちる



先日ガクの通っている幼稚園の運動会があった。通っているといってもまだ週1回の体験クラスなのだか、お遊戯とかけっこに参加してきた。
普段この幼稚園には車で行くのだが、この日は運動会で駐車場が混雑しているだろうということでみんなで自転車に乗って出かけた。
ガクは母親のママチャリの後ろだが、ケイタは自分の自転車に乗っている。

「ケイタ、気をつけろよ」 並走しながらそう注意すると、

「オレは自転車のプロだから、だいじょうぶだ」

どういうプロだか知らないが、そう言ってスピードを出して走っている。実際、この自称『自転車のプロ』は自分のお子様自転車を自在に操ることが出来るのだ。14インチの癖に母親のママチャリよりも速く走っている。
僕の自転車でもギアを上げて少し真面目にこがないとついていけない。

午前中のガクのかけっこが終わっていったん家に帰り、午後にまたケイタの卒園生の出し物に参加する予定だった。

午後は眠そうなガクを祖母に預けてケイタと母親、僕の3人で出かけた。
幼稚園までの道のりに田んぼ沿いの広い歩道が続いているところがある。ケイタがふざけて僕たちを得意そうに追い越したり、振り向いたりよそ見をしているので、

「前を見て、気をつけろ」 と口に出かかった時に、ケイタが自転車ごと田んぼに落っこちていった。

歩道との境がなく1mほど段差になっている田んぼだったので、午前中に通った時も危ないなとは思ったのだが、まさかケイタが落ちるとは思わなかった。
落差が1mほどあると、体の方が前に放り出されて後から自転車がケイタの上に落ちていく。

僕も子どもの頃、自転車で田んぼに落ちた記憶がある。大人になってからも仕事帰りに酔っ払って自転車に乗っていて派手な転び方したことがある。前カゴにかけていた傘が前輪に突っ込んでひっくり返ったのだ。
走っている自転車の前輪が急に止まると、自分は前に放り出される、ということをその時初めて知った。「前に」転ぶという特異な転び方だ。とっさに頭をかばって受身をして転がると、上から自分の自転車が降ってきた。
暗い夜道でひとり、自分の乗っていた自転車の下に轢かれながら、一瞬何が起こったのかわからずに呆然としていたことを思い出した。
そんな派手な転び方をしたのに不思議とつけていたウォークマンだけは外れずにシャカシャカと音楽が流れていた。

ケイタの方は幸い、落ちたところが稲刈りのすんだ田んぼだったので軽い擦り傷くらいで済んだのだが、そのまま母親の後ろに乗って泣きながら家に帰る羽目になった。
自転車のプロも痛い時には泣いてしまうのだ。

猿もたまには木からおちるように、河童も川の流れの急なところでは流されたりもする。
自転車のプロが田んぼに落っこちても少しも不思議ではない。
[PR]

by tonjies | 2006-10-12 01:23 | 豚児1号 ケイタ
<< 3歳になった 忍者村に行ってきた >>