豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
枕投げ
枕投げ



寝る前にTVゲームをする。夜のゲームの時間、ガクとケイタがケンカしていた。

ガクは自分ではゲームが出来ない。でも車のゲーム(グランツーリスモ)を見るのは好きで、「86とインプレッサやりたいのー」とよく言っている。このときもお兄ちゃんにグランツーリスモをやってもらいたかったらしいのだが、兄の方は勝手に別のゲームを始めてしまった。
喧嘩といってもガクが一方的に泣き叫んでいるだけだったけれど、強引にガクを抱き上げて隣の部屋につれていった。

「ブレンバスターー!」 と叫んでベッドの上の蒲団に放り投げると泣いてたガクが泣き止んだ。何回かふかふかの蒲団の上に背中から落ちるように放り投げているうちに、きゃきゃと喜んで笑い出した。そのまま枕投げに突入する。枕をぶつけられるたびにガクが嬉しそうな声を出した。

そうやってガクと遊んでいると、隣の部屋にいたケイタも慌ててやってきて枕投げに加わった。

TVゲームより枕投げの方がずっと面白い。
ケイタもガクぐらいの時からよく枕投げや蒲団の上でのプロレスごっこをして遊んでいるので、枕のぶつけ合いは大好きでぶつけられて喜んでいる。父親対息子2人でしばらく戦ったあと、母親にばれないように枕や蒲団を直した。

枕投げやベッドの上で飛び跳ねることは、我が家では母親から言い渡されている禁止項目の一つなのだ。でも、たまにはそれを破るのもいいと僕は思う。禁止されているからこそ楽しいこともある。もちろん、こんなことが楽しめるのは二人の子どもが小さいうちだけだろうが、TVゲームなんかよりも遥かに健全なこの遊びを子ども達に飽きられるまで続けてやろうと僕は密かに思っている。
[PR]

by tonjies | 2006-11-08 05:18 | 豚児2号 ガク
<< 初めての授業参観 もう少し見ていたいと思った >>