豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
兄ぶった物言い
(ケイタ)
兄ぶった物言い


ケイタは弟の面倒をよく見てくれる。馬になって背中に乗せてあげたり抱き上げたりガクの相手をしてよく遊んでいる。
遊んでいるうちに自分のほうがムキになっていることもままあるが、よく相手をしてくれるお兄ちゃんのことがガクも大好きらしく、兄の言うことには神妙に聞いている。まあ、半分も理解していないようだけど…。


肩もみ

夜僕がカミサンの肩を揉んでやっていると、そばで見ていたケイタが「僕ももんでやるよ」 とやさしいことを言った。
ケイタは最近握力がついてきて、気持ちいいというレベルの肩もみをしてくれるのだ。
「ケイちゃんはやさしいね、ありがとうね」
褒めれれて照れくさそうなケイタは、隣に座っていたガクに言いきかせるように、

「いいか、ガク、大きくなったらお母さんの肩をもんでやるんだぞ」

ちょっと偉そうだけどお兄ちゃんらしい言い方で諭している。真冬の雪の中から筍が生えてくるくらいの孝行息子に両親は思わずハラハラと落涙してしまった…というのはウソだけど、時々ケイタはこんなやさしいことを言うのだ。




クリスマス会


「ガクちゃん、明日は幼稚園のクリスマス会だよ。サンタさん来るかな」

ガクの体験教室の前日、母親がガクにそう話していると、ケイタが口をはさんできた。

「がく、いいか、幼稚園のサンタは本物じゃないんだぞ、あれは幼稚園の先生がやっているんだぞ」

その幼稚園を今年卒業した兄は偉そうに弟に説明していた。

本物のサンタの存在は信じて疑っていないくせに、さも「俺はしってるんだぜー」という物言いがおかしい。

それでも、翌日幼稚園で先生がふんするサンタを見たガクはびっくりして固まってしまったらしい。本物だと思ったのだろう。
それまで一人で騒いでいたのが急に静かになって、

「サンタさん…きた・・・ ネェ・・・」 と小さな声で何度もつぶやいていた。

たぶん前日の兄の言は理解してなかったかきいてなかったようだ。
[PR]

by tonjies | 2006-12-22 23:16 | 豚児1号 ケイタ
<< 寝かしつける この父を乗り越えていけッ! >>