豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
席替え
(ケイタ)
席替え


先日ケイタのクラスの席替えがあった。
窓際の席がいいといっていたのだが、今回も廊下側の席になったのが不満らしかった。ケイタの学級では席替えが頻繁にあるらしく、一つの学期で2、3回あるという話だった。


席替え…

そういえばそんなこともやってたよなー、

自分の学校時代が遥か昔の霞の彼方の思い出になってしまった今となっては、そんな他愛もないことで一喜一憂していた小学生の頃が懐かしくも恥ずかしい。
席なんてクラスの中でどこでもいっしょだ。勉強するんだから黒板が見やすいところだったらどこでもいい…なんていうのは子どもの頃の気持ちを忘れてしまった大人の言い草だ。
思い出してみると、ケイタが望むように窓際の席というのは、僕も好きだった。時計の針の進み方がやけに遅く感じられる退屈な授業を受けている時には、窓の外の景色を眺められる席というのは実際うらやましく感じられたものだ。これが廊下側の席だと壁に貼られた習字や画用紙の絵ぐらいしか眺めるものがない。上手くもない習字や画用紙に描かれたヘタウマ画のようなデッサンの歪んだ絵を眺めていると、ただでさえ進み方が遅い時計の針がそれこそ止まったように思えてきて悲しかったものだ。

そんなことを懐かしく思い出していると、ケイタが

「○○くんは、△△ちゃんの隣がいいっていうんだ」

というようなことを言い出した。これは席替えに関するまた別の側面の方に話の展開が進みそうだ。バレンタインディも近づいてきた今日この頃になんとまあタイムリーな話題なのだろうと話をそちらの方に向ける。

「へぇー、そんなことをいう(男の)子がいるんだぁー」

「□□くんも、△△ちゃんがいいっていってた…」

「そうかぁー、△△ちゃんというのは人気がある女の子なんだなぁー。ケイタは誰の隣がいいんだ?」

そう尋ねると、あまり考えもせずに即答してきた。


「オレは、○○先生(担任の女の先生)の隣がいい」


「…………」

「だって、先生の隣だったら、いろいろ教えてくれるじゃないか」


ちょっと質問の意味が違うのだけど、ああ、なるほど、君はまだそういうレベルなんだね、という言葉を飲み込みなから、僕は「そうかぁー、先生の隣だったらわからないことをすぐに聞けるよなぁー」と答えた。

子どもの成長はまちまちだから同じ小学1年生でもかなり違うようだ。まあこんなものかとも思う。
[PR]

by tonjies | 2007-02-01 20:38 | 豚児1号 ケイタ
<< 白銀は招くよ 良いところと悪いところ >>