豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
夢、 そして誰もいなくなった
(ケイタ)
夢、 そして誰もいなくなった



『愚人夢を語る』 という言葉がある。実際、他人の夢の話ほどつまらないものはない。

「きのう、こういう夢をみたんだけどォー…」

という話は、夢を見た本人は面白いと思い込んでいても、聞かされている方にとってはこれほど退屈な話はないのだ。恋人同士ならそんなたわいもない話でも喜んで聞いてもらえるかもしれないが、そんな関係でもない輩の見た夢などどうでもいい、というのが普通の人間の感情だとおもう。


というのは前置きなのだが、この夢の話を豚児一号ケイタは最近よくする。

「ケイタの見た夢はァー…」 と自分の見た夢の内容を説明してくれる。ふーんと聞いているが、その内容は取りとめもない話が多い。
以前は夢と現実の区別がよくついていないことが多くて、怖い夢を見た後に泣き出したりすることがあったが、最近では夢だったということがすぐに分かるようになったらしく、夢の内容に一喜一憂している。

「夢だったのかぁああー…くやしいィィ…」

というリアクションの時はたいがい車のオモチャを買ってもらった夢を見ていたらしい。そういう楽しいいい夢とは逆に、怖い夢を見た時には、

「夢かぁ…夢でよかったぁー」

と言ってる。相変わらずの分かりやすいリアクションをする子どもだ。


このところ、ケイタは誰かが死んでしまうという夢をよく見ているらしい。
最初は母親だった。

「ママが自転車にひかれて死んでしまった」 らしい…。

自転車にひかれたというのがイマイチ現実味がないが、ケイタは「夢でよかったぁ」 と言って喜んでいた。
その夢の話をしてくれた次の日は僕の番だった。
「おとうさんが…死んだんだよ。そしたらケイタは…」
そんな話を何回も聞かされた僕はしばらく考え込んでしまった
「おと(おとうさん)死なないでね」 とケイタはいう。

先日は隣に住む祖母だった。ケイタは朝起きてすぐに祖母の家に行ってその夢を報告していた。

ひんぱんにそんな話ばかりしているので、家族の中で最初のうちに感じた不吉なというイメージはなくなってしまった。
「みんなケイタに殺されてしまう」 という笑い話になっている。ケイタの夢の中で、『そして誰もいなくなった…』 というスリラーが展開されているようだ。





「おとォー(お父さん)、どうして夢を見るの?」

とケイタに聞かれた時に、ユングやフロイトのいう無意識や意識下の意識という言葉が思い浮かんだが上手く説明できそうにもなかった。

「それは、…えーと…寝ている間に…脳…あたまの中で…ケイタが体験…やったことや聞いたことやTVで観たこと…なんかの記憶…覚えていること…を一つ一つ整理…おかたづけしようとして…いるんだよ。その時に夢を見るらしいのだけど、詳しいことはまだよく分かっていないんだ」

「ケイタは、いい夢だけを見たいんだ」 というケイタに、夢をコントロールすることはできないんだと説明した。

「でもね、いい夢をみて続きが見たいなぁ…と思っていると、翌日にその夢の続きが見られたりすることがあるらしいよ。ほら毎週やっているTV番組の続きをみるような感じで…」

「ああ、あるある、ケイタねぇ、車の夢で続きの夢を見たことがあるよ」


たわいもない夢の話である。
[PR]

by tonjies | 2005-05-06 11:51 | 豚児1号 ケイタ
<< 埼玉スタジアムのピッチに立つ ママ、キモい?  >>