豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
母親の呼び方 カアチャンと呼ばないで
(ケイタ)
母親の呼び方 
カアチャンと呼ばないで


ケイタは僕たち両親を呼ぶのにいろんな呼称を使う。

泣いている時には『お父さん』『ママ』というので、それがノーマルの呼称のようだが、遊んでいるときなどふざけて『とうちゃん、かあちゃん』と言ったりする。

僕は『とうちゃん』といわれるのは何だかうれしい。

僕自身は子どもの頃『お父さん、お母さん』を使っていたけれど、おとうさんよりも、『とうちゃん』のほうが父親の呼び方として何だか暖かい感じがして好きだ。

特に小さい子がそう呼んでいるのは、親子の関係がわかるようでいい感じだ。

それに比べ、『かあちゃん』という呼称でまずイメージが湧くのはドラえもんに出ているジャイアンの母親だ。

ケイタの母親はここで悪口をさんざん書いて来たけれど、客観的に観るとジャイアンの母親とはイメージがだいぶかけ離れている。
ルックスも結婚した頃とあまり変わらないし、背が高くけっこうスタイルもいい。悔しいことに夫よりも若干身長は低いくせに足は彼女の方が長かったりするのだ。
ジャイアンの母親というよりか、しずかちゃんのママを若くしたような感じで、少なくとも『かあちゃん』のイメージではない。

そんな母親に向かって、公園やスーパーの買い物をしている時にも、ケイタは大声で、「かあちゃーん」 と呼ぶらしい。
そとでケイタに「かあちゃーん」と言われるのは恥ずかしいと言うカミサンに、

「そのギャップがいいんだ」 と僕は説明している。


それだけではなく、これはカミサンから聞いただけで、僕は立ち会ったことがないのだけど、ケイタが母親に向かって、

「おいッ」 と呼びかけることがたまにあるという。

よく夫が妻に「おいッ、お茶ッ!」というように、「おい、ジュース!」といったらしい。

その話を聞いて笑ってしまった。幼稚園児のくせに、「おいッ」はないだろう。

「今度、『おいッ』っていったら絶対に返事をしてやらないんだ」 と怒っているカミサンをなだめて、ケイタに言って聞かせた。

「ケイタぁー、お父さんでさえ、お母さんのことを『おい』なんて呼んだことは一度もないぞ。お母さんに『おいッ』なんて言っちゃだめだからなー」


僕にも覚えがあるのだけど、子どもは自分の頭の回転に言葉ついていかないことがよくある。頭の中ではいろんなことを考えたり思ったりしていても、語彙が少ないからうまく言葉にできないのだ。ケイタは頭の回転が早すぎるところがあるから、いろんなことを考えているうちに、つい、口に出てしまったのだろう。

それにしても、「おいッ」はよかったな、今度ギャグに使わせてもらおう。


(追記)

聡明な読者の方はすでにお気づきだと思いますが、今回の文章の中で不自然な『ヨイショ』が感じられる部分があります。

これは、決して、当局(妻)の検閲による迫害を、筆者が恐れるあまり、筆を曲げざるを得なかった…

…というわけではなく…

…あっ、痛ッ…何をするんだ…
[PR]

by tonjies | 2005-04-11 15:56 | 豚児1号 ケイタ
<< 集中力? 呼んでも返事をしない 新しい先生  >>