豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ぼくさー、ボクサーなの
(ケイタ)
ぼくさー、ボクサーなの


漢字を憶えてきたケイタが本を読むようになった。本といってもマンガ本なのだが、きっかけは我が家にあった『はじめの一歩』というボクシングマンガだった。このシリーズは今現在80巻出ている。

僕の哲学、宗教、歴史、東西の思想書からなる膨大な蔵書の数々が我が家の書架に溢れんばかりに詰め込まれているのだが(ちょっとウソ…ホントは軽い小説エッセイの類の方が多いかもしれない・・・)、何故かその中に『はじめの一歩』80巻が並んでいる。それをケイタが自分で見つけてきて読み始めた。

はじめの一歩 VOL.1


マンガとはいえ文章を読むことはいいことだ、と思って放っておいたら、どこがウケているのか、時々声を出して笑いながら夢中になっている。
きゃっきゃと兄が笑うものだから、それにつられて弟のガクも意味も分らずに笑い転げる。お兄ちゃんが笑っているので自分も合わせているらしい。

最近ケイタはトイレに入るとなかなか出てこないことがある。それも大の時だ。のぞいてみるともうとっくに用を済ませたケイタが便座に腰掛けて漫画本を読みふけっていた。

時々、主人公たちの似顔絵を自分の自由帳に書いて遊んでいる。
ケイタのマンガデビューといったところか。

そんなわけで、今我が家では『はじめの一歩』がブームになっていてアニメのDVDを借りてくるようになった。
それを観ているうちに、なんでも真似したがるケイタはさっそく、

「おれぇー、ボクシンググローブがほしい」と言い出した。

しばらくしておもちゃのそれを買ってやると、上半身裸になりさっそくボクシングごっこを始めた。

僕がトレーナーの真似をして平手で受けてやると、「ジャブ」やら「ストレート」といいながらパンチを繰り出してくる。とはいっても小学2年生のパンチは手首も返っていいないヘナチョコパンチなのだが、ケイタはあくまで本気でトレーニングと称して腹筋とかも鍛えている。格闘技好きなところは、男の子だなと思う。

小学生の本気パンチをもらっても僕の方は何ともないが、打っているケイタが弾みで怪我でもしたらいけないので、最近ではボクシングごっこはスローモーションで行うようにしている。スローでパンチを繰り出したり大げさに倒れてみせると、ケイタは対戦相手からレフリーに役を代えてうれしそうにテンカウントを始める。

カウント8あたりで立ち上がると、

「ファイティングポーズをとって、…目を見せてみろ…まだできるか?」

とアニメのレフリーそのままに真似をしている。


そうやってケイタと遊んでいると必ず弟が「ガクも、ガクも・・・」と言って参戦してくる。でも3歳のガクにはボクシングと相撲の区別がまだついていないらしく、頭を付けて両手で僕をぐいぐいと押してくる。それではバッティングで減点だ。ガクはお兄ちゃんがお父さんとなんだか楽しい遊びをしていると思っているのだろう。

d0046853_23161565.jpg



ボクシングということで、

「明日のために、えぐるように打つべしッ!打つべしッ!」「ジョーぉおおー、立つんだっ、ジョーぉおおおー…」

なつかしの丹下段平の真似をしても世代の違う小学生には通じなかった。

でも、「ぼくさー、ボクサーなの」という寒いのを通り越して聞いているこちらが恥ずかしくなるようなガッツネタは何も知らない小学生は大うけだった。



   
[PR]

by tonjies | 2007-07-27 22:55 | 豚児1号 ケイタ
<< パンツへの道 その後 夏休みに入って >>