豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
熱海、再び (その2)
熱海、再び (その2)



海辺でお昼を食べてその日の宿(観光ホテル)に向かった。
宿についてホテルの遊覧モーターボートにのる。ガクはモータボートの意味も分からない様子だったが飛び散る水しぶきに不思議そうな顔をしていた。生意気な口をきく割にはビビリの兄ケイタは初めて乗った船が怖いのか、最初暗い顔をしていたが、しばらく乗っていると慣れてきて帰るころになるとやっと明るい顔になった。

大きなお風呂にケイタと一緒に入る。前回は大浴場に慣れていなくて熱い湯船に入ろうともしなかったが、今回は頭にタオルを載せていっぱしの湯治客のような風情だ。
「泳いではダメだぞ」と言っていると、遠くから小さい子どもが泣き叫ぶ声がする。よく聞いていると母親と一緒に女湯のはいっているガクの声のようだ。一緒にいるカミサンは大変だろうなと思いながら、3年前のケイタのことを思い出していた。たぶん前回のケイタのように熱いお湯や初めての場所が嫌なのだろう。ケイタは幼稚園の林間学校やサッカークラブの合宿等で大きなお風呂には入りなれているので、露天風呂にも入り久しぶりの温泉を満喫していた。

風呂上りに卓球をする。これも温泉宿らしくてうれしい。以前も書いたが子ども連れなら高級旅館よりもこんな雑多な観光ホテルの方が向いている。遊ぶところは多いし子どもたちも退屈しないですむ。

それから夕食である。
ホテルに泊まることになって僕たちがまず心配したのがガクの食事のことだ。ガクは日常ほとんど限られたものしか口にしない。ケイタも食わず嫌いが激しかったがガクはそれに輪をかけて自分で食べるものを決めてかかっているようなのだ。
ケイタが幼稚園や学校の給食のおかげで今では何でも食べられるようになったように、ガクも大きくなったら大丈夫なのだろうとは思うが、今はメイプルシロップを塗った食パンとメロンパンが彼の主食でそれ以外はあまり食べようとしない。たまに気が向いた時にご飯を食べることがあるが、それもカレーの時に少しだけだ。以前は納豆ご飯も食べていたのだが今は一切食べてくれない。パンと幼児用のスープとヨーグルト、牛乳で彼は生きている。

こんな様子でホテルの食事はたぶん無理だろうと、母親は牛乳、ヨーグルト、メロンパン、メープルシロップ等を用意して夕食にのぞんだ。

案の定、お子様ランチには手も付けなかったけれど、幼稚園の昼食で教えられているとおり、皆が食事を終えるまで席を離れないという約束は最後まで守り通した。

部屋に戻ると昼間の海水浴の疲れがでたのか、あっという間に二人とも寝てしまった。



d0046853_18501377.jpg

宿の部屋でも携帯のゲーム…
「こんなところまで来てゲームをやらなくても・・・」と母親に言われると、部屋の中でプロレスやボクシングごっこを始めた。

それでは家にいるのと何ら変わらない・・・



d0046853_19131325.jpg 


翌日は水族館に立ち寄り、イルカのショーを見た。


  
[PR]

by tonjies | 2007-08-23 18:52 | 豚児1号 ケイタ
<< 高原にいらっしゃい! 熱海、再び (その1) >>