豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
肩もみ店
(ケイタ)
肩もみ店


我が家では、いたずらや言う事を聞かないことの多いケイタに対して、減点制度を導入した。
特に先月までの夏休みの間中、暇をもてあましている小学生は叱られることが多かった。
そのたびに減点2、減点3と増えていき、マイナス6になると免停ならぬ算数のプリント10枚という取り決めだった。

でも実際のところ「悪戯もせずに親の言うことを何でもよく聞く」なんていう小学生は気持ち悪いだけだからこの減点制度は半分お遊びで、減点6でケイタにプリントをやらせたことはまだ一回もない。

また、減点が6以上になっても善い事をするとプラス得点が与えられることになっているので、家の手伝いや弟の面倒みると減点が減っていく。

そこでケイタが自分で母親や僕の肩をもむことを考え付いた。以前からよくケイタは肩もみをしてくれる。僕は姿勢が悪いせいか慢性の肩凝りで、いつもパンパンに張った肩はプロボクサーに殴られても笑顔で「ありがとう」と言えるぐらい硬い。小学2年生になったケイタは握力もついてきたのだろう、揉んでもらうとお世辞でなくとても気持ちがいいのだ。

でも、叱られて減点が6以上になると、すぐに「お父さん、肩もみしてあげるよー」と言うケイタは母親から、、
「肩もみすれば何でもいいってもんじゃない」とまた叱られていた。



彼が算数のプリントをさせられるのが嫌ではじめた『かたもみ店』

d0046853_0203513.jpg
このイスに座ると肩を揉んでくれるらしい。だが残念なことに字を間違えている。

かたもんみ店?

店という字も少しちがう。でも、この「かたもんみ」という言葉を繰り返しつぶやいていると、不思議と肩の凝りもほぐされていくような気がするのだ。

もんみ、もんみ・・肩をもんでいる様子がよく分かる言葉だ。




  




  




  
[PR]

by tonjies | 2007-09-04 00:20 | 豚児1号 ケイタ
<< 君は『薔薇』という字が書けるか? 高原にいらっしゃい! >>