豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ケイタ カッコいい? 
(ケイタ)
ケイタ カッコいい? 


ケイタはよく泣く。何か自分では出来ないことがあったり、どこかにぶつかって痛い思いをした時など、目がうるうるしてきたかと思うとすぐに泣き出してしまう。
長男だからみんなに大事にされすぎたせいか、強がっている割にはか弱いところがあるのだ。

先日もホームセンターに買い物に行った時、新しく玄関に取り付けようとしているドアチャイムをためしに鳴らして物色していたら、ケイタが急にうずくまってしまった。どうやら僕が母親と話している仲間に入りたかったらしい。抱っこしてもらって自分も見本のチャイムを鳴らしてみたかったのに、僕たちに相手にされないと感じたのだろう。

「だれも、ケイタをかまってくれないんだ…仲間はずれにするんだ…」

とうずくまっていじけていた。

僕はケイタを無視したわけでもないし、カミサンと話していただけなのに、ケイタがなぜ泣いているのかわからなかったくらいだ。

男の子なのだから(女の子でもそうだけど)もっと精神的にたくましく、強い人間になってもらいたいと思う。

普段は母親にいつも怒られているくらい、部屋の中でも外でも暴れ回っているケイタには似合わないのだけど、こういう意気地のないところもケイタの一面なのだろうし、それはそれで全面的に受け入れてやりたい気がする。

こうでなくてはいけない、と親の一方的な願望を押し付けるようなことはしたくない。

子どもは大人に負けないくらいプライドが高いから、泣いている姿が自分でも恥ずかしく、ひと一倍くやしいと思っているのだろう。ケイタを見ていると幼稚園児は『誇り』が高いなと思う時が時々ある。

彼は今「自分がカッコいいか、どうか」というのが自分を律する規範になっているらしく、泣きじゃくって母親の胸にすがりついている時もこう聞くのだ。

「泣いてても、ケイタ…カッコいい?」

ケイタにとって、『カッコがいい』ということが一番大事なことになっている。
このところ「ケイタはかわいいね」と誰かが言うと「ケイタはカワイイじゃなくてカッコいいんだ」といつも彼は訂正を求めているのだ。

僕は、ケイタのカッコいいという道徳規範が見ためや容姿だけでなく「生きかた」としてとらえて欲しいと願っている。
生きかたとして自分はカッコいいかどうかを常に考える、人からどう思われるか気にするような低い意識ではなくて、自分で自分を律することが出来る、自律した人間になって欲しいと思う。
(と偉そうに言っているケイタの父親もまだまだだな…と思うことがしばしばなのだが…)

司馬遼太郎さんは、鎌倉武士の「名こそおしけれ」という道徳規範こそ日本人がキリスト教などの一神教の道徳規範にも対向できうるすぐれた考え方だと述べていた。
それは自分の名声に傷がつくというような負の意味ではなくて、有名無名に関わらず、自分の名、存在にかけて恥ずべき振る舞いはしないという、個人としての『誇り』に基づいたことばらしい。

ケイタの「カッコいい?」を聞いてそんな言葉を思い出した。
幼稚園児から鎌倉武士を連想するなんて、われながらどうかしているかもしれないけど…。
[PR]

by tonjies | 2005-01-11 00:32 | 豚児1号 ケイタ
<< 初めての言葉  狭いところが好き   >>