豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
身体を張ったギャグ 
(ケイタ)
身体を張ったギャグ 



だいぶ言葉を理解できるようになったガクはこのところよく笑うようになった。
兄のケイタはガクが笑うのがうれしいらしく、一生懸命にその相手をしてくれている。

ドリフの全員集合のタライが頭に落ちてくるギャグのマネをして、ケイタはよく自分の頭の上に物をぶつけてガクを笑わせているのだ。

この前はおもちゃの刀を3本も自分の頭にぶつけて笑いをとっていた。「3本かよぉー」と自分でツッコミも言いながら本人も楽しそうに遊んでいた。
ケイタは身体を張ったギャグが得意らしく、「ぐぇー」といいながら壁に激突してみたりいろいろ面白いことをやってくれる。


そんなケイタを見ていたら、ガクがまだ生まれる前、カミサンの大きなお腹にむかって「面白いお兄ちゃんがいるから、早く出ておいで」とよく言っていたことを思い出した。


お風呂の中で、ケイタが頭からお湯をかぶる様子を見ていたガクが笑い出したことがあった。お湯をかぶった後に顔を拭くしぐさがガクのツボにはまったらしく、何回やっても笑っていた。
それ以来、一緒にお風呂に入るたびに、ケイタは何回も何回も頭からお湯をかぶってガクを笑わせている。

でも最近では、最初の数回はキャッキャッと喜んで笑うのだが、ワンパターンのそのギャグにガクも飽きてきたのだろう。お兄ちゃんが「ガクゥーこっちを見てッ!」といいながら、お湯をかぶって見せても、ガクはよそ見をしていたりおもちゃで遊びはじめてしまうのだ。
それでも、お兄ちゃんは「ガクゥーッ!」といいながら、うけないギャグをやり続けている。

ブームが去ってしまったギャグは痛いものだ。

何回も何回も頭からお湯をかぶっているケイタの一生懸命さに、売れなくなったお笑いタレントの哀愁を感じでしまった。
[PR]

by tonjies | 2005-01-23 00:38 | 豚児1号 ケイタ
<< ガクちゃん、メェッ! 結婚式で  >>