豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
発熱
(ケイタ)
発熱


先週からケイタが熱を出している。

インフルエンザではないようだけど、39度以上の熱が二晩続いた。39度ぐらい熱があると、朦朧とするのか、薄目を開けてうわごとのようなことを言い続けていた。

「このボタンを押さないといけないんだ…」

何回もそう言って母親の頬に指を当てていた。どうやら、TVゲームのことらしいのだが、目を開けているので寝言ではないし、添い寝していた母親は一晩中不安だったという。

普段は少しもじっとしていない子で、部屋の中でもところせましと走り回り飛び跳ねているケイタがぐったりとしている様子はいかにも可哀想だった。
昼間でもあまり動き回る元気がないらしく、自分で横になってじっとしている。得意のおしゃべりもほとんどしないで、遊んでいる弟の姿をみてかすかに笑っていた。

「ケイタも遊びたいなぁ…」 

つぶやく言葉にも力がないようだ。

そんなつらい目にあっているというのに、ケイタは医者から貰ってきた薬を嫌がって飲もうとしない。
それでも粒の薬は何とか飲めるようになたのだが、粉薬はどうやっても飲んでくれない。ゼリー状のもの溶かし込んでも、オブラートに包んでみても、はなから嫌だと決め込んできるらしく、無理に飲ませても吐いてしまうのだ。

薬を飲ませるたびに泣き出すケイタを宥めるのが一苦労だ。
風邪が流行っているらしくケイタを連れて行った小児科はひどく混んでいたという。何時間もかけけて薬をもらってきたというのに、ケイタが飲んでくれないのでは意味がない。
僕のいない時間だったので後から聞いた話なのだが、薬の時間のたびにくりひろげられるこの争いに、「疲れた…」 とカミサンがこぼしていた。

ここ2日ほどケイタの熱も少し下がってきて、37度台になった。そうなるとゲンキンなものでもう外に出て遊びたがったりするから不思議だ。

まだ微熱があるケイタをおいて、庭で弟のガクを遊ばせていたら、窓からのぞいていたケイタが半べそをかいていた。
[PR]

by tonjies | 2005-02-22 00:53 | 豚児1号 ケイタ
<< 幼稚園の発表会   エサの時間 >>