豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
幼稚園の発表会  
(ケイタ)
幼稚園の発表会


先日ケイタの通っている幼稚園の発表会があった。僕はてっきり幼稚園のホール(講堂)で行われるのだと思っていたのだけど、市民ホールを借りて行われた。

幼稚園の発表会というのは市民ホールを借り切ってまでするものなのか、という疑問を感じつつも、照明や音響のいいホールの舞台で園児たちが合奏やお遊戯をするのを見るのは楽しかった。

わが子の晴れ舞台ということで、カミサンは緊張してしまったと後で聞いた。
なに、晴れ舞台といってもそれは全員参加の幼稚園の発表会なのだ。幼稚園サイドの営業を兼ねた演出といってもいいかもしれない。
暗い観客席の中で舞台に向けたビデオの液晶画面がずらりと並んでいる。子どもの発表会での晴れ舞台を少しでも撮り残すまいという、それぞれの親の執念さえ感じる異様な光景だった。
舞台の上で合奏やお遊戯を演じているのもよく知っている園児たちだけだし、見ている観客もその父兄だけなのだ。
そう、このホール全体を私的わが子可愛さという空気がおおっている。

僕はその光景をみながら、ロト6のCMを思い出していた。

オペラ座借り切ってカラオケ歌っちゃいましたぁー(常盤貴子が宝くじに当たって豪遊している)というものだ。

CMはギャグだからいいけど、公共のものを「私的」に扱うことに抵抗感を感じるのは僕だけなのだろうか。金を出せばいいという問題ではなくて、自分自身の気持ちとしておこがましくて何だか嫌だ。

と思いつつも、ビデオを回しっ放しで、僕はケイタのお遊戯の全てを、ワンシーンも取り逃がすまいと躍起になっていた。
子どものビデオほど私的な映像もないだろうと思う。親だからこそ何度もその映像を見るけれど、赤の他人がみたら面白くも何にもない映像に違いない。


僕たち以外にケイタのビデオ映像を喜んで見てくれるのは、田舎の僕の母親ぐらいだ。
毎年半年に一本位の割合で送っている孫のビデオを、田舎に住む年老いた母親は楽しみにしていてくれて、何回も飽きるまで見ているみたいなのだ。
今回もこの幼稚園の発表会と先日の結婚式のケイタの晴れ姿をダビングして田舎に送ってやった。
それを見た僕の母親が電話してきた。ケイタの結婚式のプレゼント贈呈シーンについてカミサンにこう感想をもらしたという。

「主役を喰っちゃったみたいだねぇー」


いくら孫かわいさのあまりとはいえ、それは、ない、ない…
結婚式で主役(新郎新婦)より目立つわけはないだろッ!

バカ親ではなく、馬鹿ババの発言だけど、家族の中だけのことだから…しょうがないかとも僕は思うのだ。
[PR]

by tonjies | 2005-02-27 00:54 | 豚児1号 ケイタ
<< 夢みる子ども 発熱 >>