豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
テンションの高い子ども 
(ケイタ)
テンションの高い子ども 
一家に一台、ケイタくん



春休みに入ってケイタは元気いっぱいだ。
朝からトップギアに入りっ放しのハイテンションは、春休みなどない勤め人の休日の朝には、ちょっとつらい。

「おとうさん、起きろー、いつまで寝てるんだぁー、」

まったく、ケイタは朝からエンジン全開で部屋の中を走り回っているか、さらに調子のいい時には機関銃のようにしゃべりっぱなしなのだ。
子どもはもともとテンションが高いものだけど、うちの子はさらにその上をいっているようだ。

毎日が楽しくてしょうがないらしい。そんな感覚を大人になった僕たちはすっかり忘れてしまったけれど、なんだかとてつもなく楽しい毎日なのだろう。自分は何でもできる、空だって飛べそうな幼児期の全能感に包まれている感じなのだろうか。

一人でよく分からないギャグを言っては、一人でうけている。トイレに入ってウン子をしている時にも一人でしゃべり続けているのを聞いていると、よく分からないけれどとても楽しそうだ。

騒ぐだけではなくて、お遊戯や体を使った遊びが大好きで、幼稚園でも人一倍大げさな身振り手振り張り切って踊ったり遊んだりしているみたいだ。

「ケイタくんみたいな子が家にいると、おもしろいよね」

面白い子どもだと周囲からも見られているようで、参観日なんかで母親の集まりがあると、園児のお母さん達からカミサンはよくこう言われているらしい。

「一家に一台、ケイタくんがほしいよね」

いつも元気に飛び回っているか明るく騒いでいるというようにケイタはイメージされているので、たまに泣いているケイタを見るとめずらしがられるという。

先日幼稚園でケイタが泣いているところをみて知り合いのお母さんが、

「ケイタくんも泣くんだぁー」 と不思議そうにしていた。

実際のケイタは泣き虫の甘えん坊で、気が弱くて…ということは家族はみんな知っているのだけど、外で騒いでいる姿やハイテンションの行動だけをみていると、泣きべそをかいているのが似合わないように感じるらしい。

元気に見えても、そこはまだまだ幼稚園児なのだからしょがない。それはそれでケイタの一面なのだから、気の弱い甘えん坊なところも大事にしてやりたいと思う。短所は見方を変えれば長所にもつながっている。ケイタの気の弱い泣き虫なところは、弟を可愛く思う気持ちや人に優しい気持ちの源泉にもなっているような気がするのだ。


来月からこの幼稚園児も『年長組』だ。

ケイタもせっかくの春休みなのに、ここしばらく弟のガクが熱があって、あまり外に遊びに連れて行ってやれなかった。
その分、朝から家の中で暴れ回っているようなのだ。
欲求不満もあるのか、走り回りしゃべり続け、夜になると電池が切れたようにパッタリと眠りにつく。

家の中でもそれだけ遊べば疲れるわなーと思う。
[PR]

by tonjies | 2005-03-29 01:05 | 豚児1号 ケイタ
<< いつもくっついている二人 お風呂にはいっていない   >>