豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
その船を漕いでゆけ、お前の手で漕いでゆけ!
(ガク)
その船を漕いでゆけ、お前の手で漕いでゆけ!



TVの前で僕が寝転んでいるとガクが背中に乗ってくる。船に見立てて乗ってくるのだ。
大きな背中は安定感があるのか、何故だか子どもは親亀の背中に乗る小亀のように張り付いていることが好きなようだ。
まわりのじゅうたんは大海原で、この海にはクラーケンや人食いザメやピラニアがうようよと泳いでいるらしい。

「周りは海だぞー」

タコの化け物(クラーケン)はともかく、海水にいるサメと淡水のピラニアが一緒にいるとは到底思えないが、とにかく危険に満ちた海域らしいのだ。

「大波だー!」と体を右左に傾けると落ちまいと必死になってしがみついている。

それでも船体を(僕の背中だけど)傾けてじゅうたんの上にガクを落とす。
「ガクちゃん泳げー!」とうながすと、足をばたばたさせて泳ぐ真似をして遊んでいる。

「早く船に戻らないとサメに食べられてしまうよ」

今度はサメの役に回って、「パクパク」と脅かすとあわててまた僕の背中によじ登ってきた。

子どもはこういう空想遊びが好きだ。道路の白線を一本橋に見立てて落ちないように歩くとか、押入れの中を秘密基地のように思い込むとか僕にもいくつか覚えがある。

最近では座布団を2枚ガクが持ってきて並べ船に見立てて遊び始めた。
「回りは海だぞー」というと座布団の船にしがみつく。
波がきたぞーと座布団からガクを転がり落として遊んでいた。


その日もガクは座布団を持ってきてその遊びをしようとしていたらしい。

「おとうさん、じゃまっ!」

居間はガクが出したプラレールやミニカー、レゴブロックやらで足の踏み場もないくらい散らかっていた。その片隅で僕が寝転んで本を読んでいたのだけど、ガクはどうやら僕のいる場所に座布団を敷きたかったようだ。

すごすごと場所を明け渡してはみたものの、理不尽な思いは残った。まさかいつも仲良く遊んでいる4歳児から『じゃまっ!』扱いされるとは…

船遊びを始めたガクを見ながら、僕の頭の中には中島みゆきの『宙船』の歌詞が流れていた。

その船を漕いでゆけ、お前の手で漕いでゆけ!
ララバイSINGER
中島みゆき



(巻き舌で歌え、そらふね)





  
[PR]

by tonjies | 2007-11-27 23:09 | 豚児2号 ガク
<< それでもサンタクロースを信じてる お誕生日月とクリスマス >>