豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
生誕一周年記念 
(ガク)
生誕一周年記念  


この10月でガクも満一歳になる。
生誕記念日と言っても、初めてのお誕生日というだけなのだ。

生誕100周年、生誕200周年記念といわれるような人物になるかどうかはわからないが、とりあえずその生誕一周年は家族みんなでお祝いしてあげようと思う。

カミサンの育児メモによると、兄のケイタの時には11ヶ月くらいで言葉もよく喋り、アンヨも今のガクよりもしっかりしていて、車のオモチャをもっては台所に立つ母親のところに見せに来たりしていたらしい。
それに比べると、やっと歩き始めたガクは少しのんびりとしているようだ。

でも子どもの成長なんてそれぞれの個性だから、成長が早い子どももいれば遅い子どももいて当たり前なのだ。

ダイエーの王監督が赤ん坊の時、立って歩き始めたのは2歳を過ぎてからだったという話を昔どこかで読んだ。『世界の王』と言われるような野球選手になった人が2歳まで歩けなかったというのは、この時期の成長の早い遅いなんて全然関係ないということを示唆している。
親の気持ちとしては我が子の成長が気がかりで、つい他人と比べてしまいがちだ。でも、かけがえのないその子どもの親だからこそ、我が子に対してはもっとおおらかな気持ちでいていい。この時期の子どもにとっては、親にあたる人の存在が世界のほとんど全てなのだから…

ボクの田舎の方では聞いたことがなかったけれど、関東地方では初めてのお誕生日に一升餅を背負わせてお祝いをする。ケイタはしっかりと踏ん張って歩いていたけれどガクは立ち上がれるだろうか。

そんなガクが唯一兄に勝っているところは、『食』へのこだわりだ。
ガクは、兄のケイタと違って『食』についての関心が高い。まわりの誰かが何か食べていると、興味深そうに顔をのぞきこんでいる。

「なに、なに、なにたべてるの?ぼくにもくださいですぅ」
パンのかけらやご飯粒をほんの少し分けてもらって満足そうに喜んでいるのだ。

ただ口を動かしていると何か食べていると思っているらしく、歯を磨いていても必ずにじり寄ってく来てその口元を見つめている。

「何も食べてないよ、ハミガキしているだけだよ」
そう説明しながらもガクの真剣な視線が痛いほどだ。

誕生日のパーティだから美味しい物を飲んだり食べたりするのはもっぱらオトナたちのほうで、そんな食欲かたまりのガクに食べられるものは限られているのだけど…

ともかく、ガクの生誕200周年祭の199年前にあたる、この日がくるのが楽しみだ。





大好きなブタのぬいぐるみ


東海の 小島の磯の白砂に 
われなきぬれてブタとたわむる
by ガク

[PR]

by tonjies | 2004-10-05 10:18 | 豚児2号 ガク
<< ぱくぱくチャンピオンをめざして 新しい得意技 >>