豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
忍者  
(ケイタとガク)
忍者         


チャンバラごっこ…、なんて懐かしい響き…なんだ。

僕が子どもの頃近所のおじさんに木刀を作ってもらっていつもそれを腰に差していたものだ。

そんな懐かしいチャンバラをケイタもするようになった。
『忍玉らん太郎』か『忍者ハットリくん』の影響なのだろうか、最近のケイタの戦いは刀を使ったものが多い。

それは、ワイヤーアクションやCGを使った、これでもかぁーという特撮に飽き飽きしてきた最近の映画界で、古風な剣を使ったアクション-『指輪物語』や『トロイ』などなど…がもてはやされる風潮に影響されている…(…ンなわけはないよなぁー)

最初は新聞紙を丸めた刀で戦いをしていた。これだとあまり痛くなかったのだが、最近では母親に100円ショップで買ってもらったおもちゃの刀を使うようになった。
当たるとちょっと痛い。
おもちゃの刀を背中に差してみたり、帯の変わりに腰に巻きつけたバンダナに刀を刺して『戦い』がはじまる。

「とりゃぁー、」

古風な掛け声をかけてこの幼稚園児忍者は突進してくる。頃合を見て僕がわざと負けようものなら、さらに図に乗って、「とどめだぁー」と刀をぶすりぶすりを刺すマネをしている。マネだけならいいけど、忍びの者の情け容赦のない攻撃はやっているうちに本気になってくるのだ






面白いのは、そんなケイタのマネをしてガクがおもちゃの刀を振り回している。

状況を少しも分かっていないくせに、

「おにいちゃん、ぼくも戦うじょおー」

と言うかのように刀をぶんぶん振り回しているガクをみると思わず笑ってしまう。
でも、ガクの攻撃は兄のケイタよりもさらに情け容赦のないものなのだ。

先日はコロコロ(粘着テープ)で絨毯の掃除をしていた母親の背中やお尻を執拗に追いかけては、バシバシ叩いていた。

「ガクチャン、やめて」と母親が言ってもやめない。

もちろん言葉がまだよくわかっていないのだからしかたない。
「もっとやれー、」と父親はけしかけていたけれど、ケイタが見かねてとめにはいっていた。やさしい少年剣士は母親を護っているつもりなのだろう。

それに引き換え、手加減ということを知らないガクの攻撃は本当に痛い。
本人はニコニコ笑いながらやっているので怒るに怒れないのだが、その楽しそうな顔つきを見るとちょっとぐらい痛いのはなんでもないという気にがするのだ。

刀を腰に差したお兄ちゃんの後をガクがうれしそうに刀を振り回して歩き回っている。とことこと歩いては何か面白そうなものを見つけると、一人で違う遊びを始めて刀のことなどすっかり忘れてしまうガクはまだまだ少年忍者にはなれそうもない。
[PR]

by tonjies | 2004-12-25 10:50 | 豚児2号 ガク
<< ひみつの話 サンタさん来ないかな?   >>