豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
勝ち負けにこだわる
(ガク)
勝ち負けにこだわる


最近、ガクは勝ち負けに異常にこだわりを見せるようになった。

車のゲームで自分が勝てないと分かると泣き叫んだりする。プレステのコントローラーは自分で操るようになったが、ゲームセンターのそれはアクセルまで足が届かないしハンドル操作もままならない。だから僕かカミサンがガクをひざの上に乗せてやってあげるのだが、自分の車が負けるとところかまわず泣き叫ぶのだ。

「ガクちゃん、いいかい、負けても泣かないんだよ」と言い聞かせると近頃は泣かなくなったけれど、始めた当初は大変だった。ガクが好きなのは『湾岸ミッドナイト』という首都高の車のバトルなのだが、負けるとガクが決まって泣き叫ぶので、彼を膝に乗せてゲームをする時は親の方が真剣になってしまった。
何が悲しくて、いい歳をした大人がたかがゲームセンターのゲームを本気モードでやらなくてはならないのか。


ゲームならまだしも勝ち負けがあるから、そんなものかと思うのだか、ガクの場合、勝ち負けという価値基準を日常の生活のすべてに当てはめて、常に勝負しているようなのだ。

たとえばお風呂に入るので一緒に服を脱いでいると、僕よりも早く脱がないと気がすまないらしく、あわてて服を脱ごうとしてばたばたしている。負けそうになると、

「だめッ!お父さん、ガクは一番になりたいんだ」

と人が服を脱ぐのを邪魔しようとまでする。

寝る前のトイレの時もそうだ。ガクとケイタに「おしっこしてきな」というと、その順番に勝ち負けがあるらしく、あわてて兄より先にトイレに駆け込もうとしている。


これは次男だから常に兄と勝負しているような気持ちになっているからなのかとも思う。僕も二人兄弟の弟の方だから、その気持ちはなんとなく分かる気がするのだ。

遠い昔、僕も兄に将棋や様々なゲームで、負かされては口惜しい思いをかみ締めたことが何度かあった。「キッ」っと涙をこらえて見上げた通天閣に、『何が何でも勝たねばならぬ』と新たな闘志を燃え上がらせたことも一度や二度ではない。


でも、ガクの場合、そんな勝負が兄と対等にできる段階にも達していないのだから、ちょっと違う。
それに、ただでさえこれからの競争社会に巻き込まれていくわけだから、こんなに小さいうちから競争競争と考える必要はないと思うのだが、ガクにはガクにしか分からない理由で今この瞬間の勝ち負けが大事なのだろう。


人生、勝ったり負けたりだし、敗北から学ぶことも多い。ということをどうやって幼稚園児に説明したらいいのだろう。

そんなガクに比べ、兄のケイタは長男の甚六振りを発揮していて、お人好しで気が弱いところが目立つ。サッカーの試合でも相手に遠慮しているので、こちらがヤキモキしてしまう場面が多い。
小学生低学年のサッカーなぞ、技術的には各々それほど差がなく、気が強くて押しの強い子が活躍しているようなレベルなのだから、「もっどガンガンいけよ」と傍で見ていると歯がゆいことこの上ない。

ケイタとガクを足して2で割ればちょうどいいのだが、長男の甚六ケイタにはケイタなりの善いところがいっぱいあるのだからしょうがないかなとも思う。

トイレの順番でも、負けると泣くガクを気遣ってケイタが譲ることが多い。

「しょうがないなぁ、ガク、先にやっていいぞ」

さすがに、小学生は幼稚園児よりも大人である。






   
[PR]

by tonjies | 2008-02-27 00:04 | 豚児2号 ガク
<< 体験教室の終了式 山は白銀(シロガネ)朝日を浴びて  >>