豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
大人は判ってくれない
(ケイタ)
大人は判ってくれない


「どうして、子どもは大人の言うことをきかなくちゃいけないんだ?」

朝の支度や宿題というやらなければならないことを後回しにし、愚図愚図遊んでいて母親に叱られると、ケイタは必ずこの台詞を言いだす。
親達から「ああしろ、こうしろ」と言われて、それに従わなければならない時に、たまらなく口惜しくなって泣きながらこういうのだ。

サッカーの練習やスイミング教室など習い事をしているからというわけでもないが、小学生は平日でも時間に追われ、なかなか忙しいらしい。
でも、朝の支度にしても、いつまでのパジャマのままで愚図愚図しているケイタを見ていると、もう少しシャキッとしろよ、と言いたくなる感はいなめない。

2年生の国語で『音や様子を表す言葉』を習ったばかりだったので、ケイタに、「グズグズ、ダラダラ」ではなくて「テキパキ、サッサッ、キビキビ」にしろよ。と言って叱った。

母親に注意されると、「うるせー」などと言う暴言も吐くこともあるらしい。僕のいるところではまだそんな言葉を言わないところを見ると、相手を見て使っているようだ。

この話を母親から聞いて自分の子どもだった頃を思い出した。
確かに悪い言葉だけど、親に向かって「うるせー」と口答えしない子どもはたぶんいない。誰もが一度位はそんな言葉を発して親を怒らせたことがあるに違いない。僕にもおぼえがあるけれど、そんな昔のこと事は棚にあげて、もし僕に向かってそんな事を言おうものなら、ぜったいに許さん、という気持ちなるから不思議だ。

さらに、親からあれこれ指示されること自体が嫌だという気持ちもよくわかる。

「今やろうと思ったのに、言うんだもんなぁー」という気持ち。

親に言われたことで更にやる気をなくすことは良くあるし、親の言いなりにはならない、父ちゃんのロボットじゃないんだーと泣きながら駆けていく星飛雄馬をそっと見守る明子ねえちゃんの目に涙…


でも、そんな懐かしの子どもだった思いを押し殺して、あえて親の立場になったから思うのだけど、子どもに対しては口うるさいくらいの親で丁度いいんじゃないかという気がするのだ。
親の言いなりにならないという反発心は自己主張や独立心の発露なのだけど、だからといって、小学生のするがままに放任するべきじゃない。反抗する相手として、壁として子どもに臨むことも時には必要である。
変に物分りのいい親を装って子どもの自主性を説く評論を耳にするが、ある意味では反抗する相手になろうとしない無責任な親の免罪符に使われているような気がする。
子どもにとってはそんな親はどう映るのだろう。自分と本気で向き合おうとしない親は『お金は出したけど子育てにお前手を抜いたろ』といわれてもしょうがない

時には子どもと同じ土俵に上って子どもに面と向かって接することもとても重要である。要はこの手のバランスが大事なのだ。干渉しつつ放任する。自主性を認めつつ突き放さない。そしてそれは頭で考える理論ではなく日々の子どもと接していく過程でしか育まれてこない『知恵』なのだろう。



母親に叱られて二階に上がったケイタが泣きながら宿題をしていた。


「どうして…子どもは、大人の言うことをきかなくちゃ…いけないんだ?」


そんなケイタに僕は『自律』という字を教えた。

「自ら律する。ひとに言われたリ、規則で決まっているからするんじゃない。自分で自分を律することができて、はじめて大人なんだ。それが自ら立つということだし、それができるようになれば、誰もケイタにああしろ、こうしろと言わなくなるよ」

ケイタがこの意味を本当に理解できるようになるのはかなり先の話だろう。それまでは何回も叱られて反発して、その繰り返しが果てしなく続くのだろう。

でも、君も親になったら解かる。子どもの感覚では計り知れない速さで通り過ぎていくこの日常のなかで、何一つ変わらない大人と違い、子どもたちは昨日とは鮮やかに違っていく。それは傍から見ているだけで本当にかけがえのない素敵な日々なのだ。










大人は判ってくれない
(関係ないけど、 フランソワ・トリュフォーの映画)
[PR]

by tonjies | 2008-03-24 17:29 | 豚児1号 ケイタ
<< 鬼怒川温泉にいってきた。その1 危険があぶないッ! >>