豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
注射が嫌い
(ケイタ)
注射が嫌い



ケイタは注射が嫌いだ。もちろん、注射をするのが大好きという子どもはいないだろうけれど、ケイタはその嫌いが度を超えている。

先日ケイタが水疱瘡の予防注射を打ってきた。

夕方病院に行くと聞かされていたから、幼稚園バスを降りてくる時には肩を落としてしょんぼりとしていた。可哀想に幼稚園でもずっとそのことを気にしていたのだろう。

臆病で気が小さいケイタは、

「いやだぁー!」

と病院に行く前からすでに泣き出した。

何とか母親が連れていったのだが、病院でもたいへんだったらしい。
泣き出すケイタに対して、最初は医者も、

「痛くないからネー」

と優しく話しかけてくれていたが、あんまり暴れて泣き喚き、注射を打たせてくれないケイタに腹を立てて、終いには、

「チンチンついているのかぁー」「みてみろ、そんなに泣くんじゃチンチンなくなっているぞ」

と怒っていたという。

看護婦も「そんなに泣くならもっと太い注射にする」というようなことを言って実際に太い血管注射器をみせたりしたらしい。
何とか宥めるつもりだったのだろうが、火に油を注ぐようなもので、

「そんなに太いのは嫌だァ~」

と余計に泣き出したという。

結局、数人で押さえつけるようにしてて注射をしたらしい。

打った後も、「ケイタは臆病で泣き虫なんだぁー…」と泣き続けていた。それでも帰る頃には、ケイタも少しは気持ちがおさまったのか、「泣いちゃって、ごべんなさい」と先生に謝っていた。



家に帰ってきてからも、もう終わってしまったのだから気持ちを切り替えればいいものを、あまりにも泣いたものだから、ケイタもなかなか気持ちの整理がつかなかったのだろう。
時々、痛かった注射を思い出してべそをかいていた。

『思い出し笑い』ならぬ『思い出し泣き』というヤツだ。

家の中では泣きなからも、医者に対して怒りをぶちまけていた。ごめんなさいといった自分にも腹を立てているようで、

「注射が怖くて泣いて、どこが悪いっ!」

と逆切れして怒っていた。


とりあえず今回の水疱瘡で予防注射は一通り終わりらしい。しばらくは注射の予定はないのでケイタも一安心のようだ。
[PR]

by tonjies | 2005-06-02 10:13 | 豚児1号 ケイタ
<< 猫と幼児の会話  頭をガンガン >>