豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
発熱   
(ガク)
発熱 



ガクが熱を出している。赤ん坊や子どもの熱というと大人では信じられないくらい高くなるのでびっくりしてしまうのだが、大人だったらまず目が回っているだろうなという体温で平気で遊んでいたりする。それでも39度台もあるとさすがに目がトロンとして元気がない。

いつもはうるさいなぁとしか思わないガクの奇声「きぇええー」という声が聞こえてこないのも、いかにもさびしい。

熱が出るということは体の中で病原菌と戦っている証拠だ。こんな小さな体で一生懸命に戦っているのかと思うとたまらない気持ちがするけれど、そうやって抵抗力をつけていくことが彼の力となるのだ。

と頭では解っているものの、家のなかで誰かが具合が悪いと(特に子どもが具合が悪いと)ドーンと家の中が暗くなってしまうような気がする。

生まれてまだ一年にも満たない赤ん坊の存在が僕たちの中でこんなに大きくなっていたのかと改めて認識させられた。

具合が悪いのが自分だったら、自分で我慢すればそれですむ。ガクやケイタが苦しんでいたり辛そうなのを目にする方が僕には一番つらい。

でも、ケイタの時と比べてまだ僕たちには心の余裕があるのだ。ケイタが赤ん坊の頃は何もわからず、初めて熱を出した時にはそれこそ心配して救急病院に連れて行ったりしたものだ。
忘れもしない。夜中に近所の市民病院に駆け込んだ時のことだ。
その日の当直の若い医者が、やる気のなさそうにこう言った。
「子どもは熱を出すものです」
熱を出してぐったりとしているケイタをろくに診察もせずに、心配している僕達と目を合わしさえもせずにその若造は言うのだ。
思わず殴ってやろうかと思った。



だけど、ガクに対してはどこかで、赤ん坊ではあるけれど子どもの生命力の強さを信じている気持ちがある。落ち着いて病院に連れて行けるし、彼の自ら持っている力が熱に打ち勝っていくだろうと信じているのだ。


幸いガクの熱は赤ん坊特有の熱発性のものだったらしく、体に湿疹が出るとともにその熱も下がっってきた。
[PR]

by tonjies | 2004-08-04 14:44 | 豚児2号 ガク
<< 大丈夫だぁー! お兄ちゃんゆずりの乗り物好き >>