豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
大丈夫だぁー!
(ケイタ)
大丈夫だぁー!
ひとを思いやる心



「ママぁー、だいじょうぶ?」

この前母親が立ちくらみがしたのに気がついたケイタがしつこく、

「ママ、今、目をつぶったのはナニ? 目をつぶったのはナニ?」

と問いただしていた。ちょっとした立ちくらみだったのにケイタは真剣に母親のことを心配してるらしい。

「ダイジョウブ?」という相手を気づかう言葉もケイタの口癖のようになっている。これは僕の口癖だったのがケイタにうつったのだ。
ケイタはこういったやさしいしぐさをよくする。
不安感の表れなのか、まわりの誰かが具合が悪いことにことさら敏感に反応すようだ。
「ダイジョウブだよ」
といってもなかなか納得しない。
僕はこれを、注意深くまわりを思いやれる心が少しずつ育っているのだと解釈している。


先日、ケイタと『たたかい』をしていた時のことだ。
「ハカイ光線!」といって縫ぐるみや柔らかいものを相手に投げてぶつけ合っているうちに、だんだんケイタが興奮してきた。
この手の遊びをしていると、ケイタは夢中になるあまりすぐにムキになってしまうのだ。遊びがいつしか真剣になって自分でも制御できなくなってしまうらしい。

投げつける縫ぐるみがなくなったケイタは、近くにあったティッシュの箱をふりあげた。
「はかいこうせん!…」「…じゃない…」
と言ったかとおもうと、投げるのをやめて柔らかい縫ぐるみをひろいにいった。

おそらく、この時、軽いとはいえティッシュの箱では当たった時に相手が痛いだろうと瞬時に判断したのだろう。
なるほど、こういう判断力もだんだんについてきたのだな、と僕は好ましく思った。

人に対する思いやり、相手の痛みや苦しみに敏感であること…
人間として生まれてきて一番優れているのは他人の悲しみに対して思いやれる心だ。
シモーヌ・ベイユの言うところの『注意力』は、こういう毎日の何気ない繰り返しの中から生まれてくるのだと僕は思う。


そんなやさしいケイタがTVを見ながら先に寝てしまった夜、寝返りと伸びをした拍子に、そばにいた母親の顔面を思いっきり蹴っ飛ばした。
そばで見ていても痛そうな蹴りだった。マトモに目の辺りに入ったらしく、カミサンは「うッ!」っと唸ってしばらく起き上がれなかった。氷で冷やしても目のあたりが脹れている。
文字通りに『親を足蹴にする』やつだ。

「だいじょうぶ?」とカミサンを気づかいつつも僕は笑いをこらえていた。

まあ、これはワザとじゃないから…

それにしても、K-1でも通じそうな見事な一撃必殺の技だった。
ケイタは寝ながらでも面白いことをしてくれる。

蹴られたのが僕じゃなかったので、特にそう思った。
[PR]

by tonjies | 2004-08-06 14:46 | 豚児1号 ケイタ
<< ガラの悪い言葉   発熱    >>