豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お友だちがみんな帰った後
(ケイタ)
お友だちがみんな帰った後



近所に住んでいるケイタの友だちが数人家に遊びに来ていた。
外で遊んでいたお友達をケイタがしきりに誘って家の中に連れてきたらしい。

「ここが台所、こっちはお風呂…」と一生懸命に家の中の説明をしている。
お友だちが何人も家の中に上がってきたことがうれしいらしく、ケイタの声が大きく弾んでいた。

僕はこういう場面をあまり見たことがなかったので、ケイタの興奮した様子を面白く観ていた。

めいっぱいはしゃいで部屋中におもちゃをばら撒いてしばらく遊んでいたのだが、夕方になってお友達のお母さんが迎えにくると、ケイタは警戒して、
「もっと遊んでいてもいいでしょ」としきりに言っていた。

でも、一緒にあとかたずけをしてくれたお友達たちが一斉に帰ってしまうと、それまでのケイタのハイテンションが一気にしぼんでいった。
部屋の真ん中で脱力したように「へなへな」となってしまったケイタの目がみるみる涙で潤んできた。

「ケイタはもっと遊びたかったァ…」涙声でそういうケイタに、
「もう夕方だから、みんなお家に帰らないといけないし、ケイタもお風呂に入らないと…明日また一緒に遊べばいいよ…」と慰めると、

「嫌だァアアアアー」

と叫びだした。

おそらく、友だちがみんな帰ってしまって急に独りぼっちになってしまった「祭りの後」のような寂寥感に耐え切れないのだろう。
その寂しさをどうしたらいいのか、自分で自分の気持ちをもてあまして、怒り出して泣いているのだ。

泣き出してとまらなくなったケイタはこうなると手がつけられない。

泣いている自分に対する自己嫌悪もあるらしく、何を言っても、
「話しかけないでぇー!」「言わないでぇー」と怒っている。

自分が慰められることにさえプライドが傷つけられるのか、「明日も遊べばいいよ」と慰めても、

「それを言わないでェエエー」
「ケイタひとりになりたいんだぁーー」
「見ないでぇーー」

あげくの果てに泣き叫んで外に飛び出してしまった。


こういう時にはその話題には一切触れないで、放っておくしかないようだ。
しばらくするとケイタの気持ちもやっと治まったらしく、泣きやんで自分の気持ちを落ち着いて説明できるようになった。


夜、疲れて早めに寝てしまったケイタの寝顔を見ながらカミサンとその話をした。、

「夏休みで幼稚園のお友だちともあまり遊べないし、今日はよっぽど楽しかったんだろうね」

小さな子どもでも、その胸に様々な思いを抱いて生きている。

その小さな胸の中の切ない思いがいとおしく、いじらしいように感じられて、僕はケイタ寝顔をしばらく見ていた。
[PR]

by tonjies | 2004-08-28 14:49 | 豚児1号 ケイタ
<< ひみつのはなし おふとんの海    >>