豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
自転車に乗って  
(ケイタ)
自転車に乗って
補助輪をとる



昨年の誕生日に買ってもらった自転車はすぐに乗れるようになった。

もちろん補助輪つきのお子様チャリなのだが、すぐに立ち漕ぎでスピードを出して遊べるようになった。
自分で工夫して「ドリフトー」といいながらカーブを得意そうに曲がっている。

犬の散歩に一緒に行くときには、ケイタはその愛車でついてくる。そして必ず公園の中でリードでつながれたコロと僕を交えて3人でレースをしているのだ。

「ケイタはFD(アンフィニのRX7)、お父さんは86(トヨタのトレノ)、コロちゃんはランエボ」
勝手に車種を決めて争っている。
ケイタは自転車で僕とコロは走りだ。ケイタに勝ちを譲らないといつまでも終わらないので、2回目には必ずケイタに勝たせるようにしている。そうしないといつまでも帰ろうとしないのだ。

「1着、ケイタFD、2着、ランエボ、3着、お父さん、86」

うれしそうにそう宣言してやっと帰ろうという僕の言葉に従ってくれる。

自転車の前に買ってもらった三輪車にはケイタはほとんど乗ろうとしなかった。
三輪車が嫌いなのは「それがとても遅くてゆっくりしか走れない」からだそうだ。
『ガラガラ』と我が家では呼んでいる幼児用の車の乗り物(このほうが速い)が長い間ケイタのお気に入りで、これに乗ってスピンターンを決めては得意そうに喜んでいた。


この前の休日に、ためしにケイタの自転車の補助輪をはずしてみた。
後ろからささえて自転車に乗る練習をする。
何回かそれを繰り返すとケイタはコツをつかんだらしく、補助輪なしで自転車に乗れるようになってしまった。
さすが、僕の息子である。運動神経はかなり良さそうだ。

実はずいぶん前からケイタの自転車の補助輪を内緒で少しずつ上に移動させて、後輪よりも高い位置に補助輪がくるようにしていたのだ。真っ直ぐに走ると補助輪が地面にあたらない。

そうやって、ケイタは気がついていないけれど、ずいぶん前から彼は補助輪なしで走り回っていたのだ。

自転車に乗る感覚はできていたので、後は恐怖心を取り払うだけだった。それも1時間もしないうちに克服してしまったようだ。

片側で自転車を支えるスタンドを近くのホームセンターで買ってきて取り付けてやった。
それを足で操作するのが得意らしく、誇らしげに、

「お父さんの自転車と一緒だ」

と言って喜んでいた。
[PR]

by tonjies | 2004-09-03 14:51 | 豚児1号 ケイタ
<< 熱海の海岸 ひみつのはなし >>