豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ケイタの秘密 
ケイタの秘密 



「2階に行って“戦い”をしよう」

とケイタがいう。僕と2階の寝室で『戦い』と称してボクシングやプロレスの真似事をしているのだが、このときケイタは布団の上で飛んだりはねたり、枕をぶつけ合ったりするのをことさらに喜んでいる。
子供と枕投げなんて今の時期しか出来ないのだから、と僕は思うのだがカミサンが嫌がるので最近はやらないようにしている。

といってもケイタは布団を使って戦いたいと思っているらしく、母親の目を盗んで二人でこっそり暴れているのだ。

そんな時ケイタは、
「ママにはないしょだよ」「ひみつだよ」と言っている。

ただ今のケイタにはナイショや秘密ということがあまりよくわかっていないらしく、階下の母親のところに自分で「お布団で遊んだ」と告げ口にいってるのだ。

「お父さんがやれっていったんだよ」などとひどいことまで言っている。自分で始めたくせに人のせいにしたり、なかなかしたたかな奴なのだ。

僕は、子供が親に秘密を持つとということはとてもいいことだと思う。親に言えない(あるいは言わない)秘密を持つことで子供は一個の人間として成長していく。
必要以上にそれを暴いてみたり子供の人生に侵入する親は支配欲にとらわれているだけで、子育てということに関して基本的に間違っていると思うのだ。

ただケイタはまだあまりにも幼すぎるようだ。秘密あるいは内緒事というの心の重みに耐えられないのだと思う。まあ、それはこれから何年も先でもかまわないことなのだから、今のところこんなもんなのだろう。




先日ケイタと犬の散歩に行っているときに、自転車で転んだケイタがひざを少しすりむいた。血も出なかったし本当にたいしたことがないケガなのだが、ケイタがことさら泣き出した。

「ママに言って消毒液をつけてもらおう」と僕が言うと、ケイタはさらに大声で泣き出した。
「ママには言わないでぇー、消毒液はつけないでぇー」

消毒液といってもマキロンのことなのだが、ケイタはこれをつけることをひどく嫌っているのだ。
ケイタが嫌だったらママには言わない、と納得させてやっと泣き止んだ。

帰りに道でもケイタは、
「ママには言わないで、ママにはないしょだよ」とくり返し念を押していた。
「いいよ。お父さんは言わないから」よほどマキロンをつけるのが嫌なのだなと思いながら僕はそう言った。

それなのに家に帰って、カミサンのいる前で内緒のそぶりを見せるケイタに母親が「何?」と聞くと、ケイタはころっと態度を変えて転んですりむいたことを自分からうれしそうにしゃべってしまった。

帰り道でしつこいくらいに言っていたのはなんだったのだろうか。

笑ってしまったのは、その後ケイタと二人でお風呂に入っている時のことだ。
ケイタが何を思ったのか、

「転んだことはママにはないしょだよ」と言い出した。

「内緒も何も、さっきケイタが自分でいってんだろーが!」

ケイタが親に秘密をもつ年頃になるのは、まだ何年も何年も先のようだ。
[PR]

by tonjies | 2004-05-02 23:54 | 豚児1号 ケイタ
<< 幼稚園の給食 食わず嫌い   歩行器に乗って >>