豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
渓太が生まれた日
渓太が生まれた日  



もう4年前のことだ。

だけど、僕は渓太が産まれた日のことをはっきりと覚えている。
夜仕事から帰ってくると、家内の陣痛が始まった。初めてのことだったので、少しあわてて、産院に電話をかけてて相談する。夜の11時過ぎに病院に連れて行き、そのまま入院、産まれてくるのは明け方のころだという話だった。

僕は待合室で待っていた。することがないので、とりあえず自分の写真を撮った。
『不安な表情で妻の出産を待つ夫の横顔』というタイトルの写真をセルフタイマーで撮ったりしていた。
(後にカミサンはこの写真を見て、自分が陣痛で苦しんでいるときに・・・と怒っていたが)

明け方、飼っているイヌの散歩とエサやりのために家に戻った。せわしない散歩から帰ってくると、付き添っていた義母からの電話で渓太が産まれたのを知った。

それからはさすがの僕も舞い上がってしまって、「落ち着け、落ち着け」と自分に言い聞かせるようにして産院に向かった。車だとほんの数分なのだが、その道のりがやけに長く感じられて、「事故らないように・・・落ち着け、落ち着け」とつぶやいていた。

保育器の中で、産まれたばかりの「渓太」が手足をばたばたとさせて暴れていた。ガッツ石松のような、なんだか腫れぼったい眼をしている。おなかの中にいたときもよく動く胎児だったけれど外に出ても変わらないようだった。(それは今でも変わらない)

お昼過ぎに会社に行く途中の電車の中から富士山が見えた。その日は雲ひとつない晴天だったので、いつもより富士山がくっきりと大きく見えていた。
産まれたばかりの赤ん坊のことを考えながら、
「僕はこの日の富士山を一生わすれないだろうな」と思った。

地に足が着かないような「ふわふわ」とした気持ちはその日一日中続いていた。
必要な最小限の仕事だけを済ませて、大急ぎで家に戻った。最寄り駅の反対側にある産院に駆けつける。この産院では産まれた次の日から母親のベッドの横に赤ん坊が連れてこられるのだ。退院するまで母親は赤ん坊の世話をしながら過ごすことになっている。

笑ってしまうのは、渓太の母親(カミサンのことですが)もこの同じ産院で産まれているのだ。しかも取り上げた先生も同じ、もうおじいちゃんの先生になっているけれど・・・


その日から約一週間の入院で渓太と母親は退院してきた。
入院中も、僕は仕事で面会時間をとっくに過ぎた12時ごろにならないと帰ってこれなかった。それでもだいぶ回り道になったけれど、産院によって2階の病室の窓を見上げてから家に帰るようにしていたのだ。
家内が入院していた部屋の常夜灯のあかりなのだろう。薄暗い明かりか窓の中にかすかに見える。
「あの窓の中に、産まれたばかりの赤ん坊がいる」
と思うだけでなんだかうれしく思えたのだ。


もう、あれから4年、あの時力ない小さな声で泣いていた赤ん坊も幼稚園に行くようになった。その渓太の弟が今産まれようとしている。

『豚児2号』の誕生だ。
[PR]

by tonjies | 2003-09-29 02:33 | 豚児1号 ケイタ
<< 豚児2号誕生! 寝 言  >>