豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
裸足で遊ぶ
裸足で遊ぶ    

近所の公園で



休みの日に晴れていると、渓太を連れて犬の散歩に行くようになった。
近所のちょっと大きな公園に子どもたちが土手すべりをするような小山がある。
自転車で駆け下りるような小学生がいない時に、渓太はその斜面をごろごろと転がって遊ぶのだ。

この遊びは最近の渓太のお気に入りで、自分から斜面に寝転がって転がって遊び始めた。

「お父さんもやって」と言われて僕もやってみた。横になってゴロゴロと転がるとけっこう目が回っておもしろい。
近く木にリードをつながれたコロが自分も混ぜてほしくて、吠えている。

そこで遊んでいると渓太は必ず靴を脱いでしまう。靴下だけになって喜んでその小山を上ったり降りたりしているのだ。
芝生ではなくて、刈り込まれているけど雑草の生えただけの公園なので、いつも靴下はすぐに真っ黒になってしまう。

靴ぬいじゃだめだよと何回言っても、ここにくると渓太は靴を脱ぎたがるのだ。
そして僕にも靴を脱いでゴロゴロところがれという。

「お父さんも、くつをぬいで」と渓太が言う。
まあいいか、と思って、この間僕も靴を脱いでみた。

そうやって靴を脱いで見て初めて気がついた。
雑草の芝が足の裏に伝わる感覚が気持ちいいのだ。土や草のやわらかさが足の裏に感じられる。

再び靴をはいてみると、その感覚はなくなってしまった。
「そうかぁ、それで渓太は靴をぬぎたかったのかぁー」

僕はキャンプに行ったり、川原に行ってもアウトドア用のゴツイ靴やウェーダー(釣り用の長靴)で遊んでいる。それらの靴は僕の足をケガからは守ってくれるけれども、こういう素足感覚とはほど遠い。

裸足になって遊ぶというような感覚は久しぶりだな、と気がついた。

日が暮れるまで、そうやって渓太と遊んでうちに帰る。
靴下や服は泥んこになるけれど、それに代えられない楽しみがある。と僕は思うのだ
男の子なのだし、服を泥だらけにして母親にしかられるくらいでちょうどいい。
なーに汚れたら洗えばいいのだ。

夕暮れの薄暗くなった中を渓太と手をつないで家に帰る。公園で思いっきり走り回ったので犬のコロも帰るときにはおとなしく僕の横についてトコトコと歩いている。
夕焼けの色が見る見るうちに変わってゆくのを渓太と見ながら、日常の何気ないことだけれど、僕はこの瞬間がひどく大切な、貴重なもののように思えるのだ。
あるいはくすぐったいような、また懐かしいような気持ちがした。

きっと何年か後になっても僕はこの時忘れないだろう。

薄暗くなった道が渓太は怖いらしく、
「おとうさん、まっくろくろすけ(お化けの一種)いるかな?」
と何回もいう。
「わぁー、渓太の後ろにいるッ!]
と脅かすと、怖いのが半分、半分は喜んではしゃいでいる。

でも、やっぱり少しこわいのか、渓太のつないだ手に少し力が入ってくるのを僕は感じた。
[PR]

by tonjies | 2003-10-27 02:42 | 豚児1号 ケイタ
<< 一緒に寝るようになって ジェラシスト渓太  >>