豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
一緒に寝るようになって
一緒に寝るようになって

ケイタは誰のもの?



赤ん坊が産まれてからケイタは僕と一緒に2階の寝室で寝るようになった。3時間毎に授乳の必要な赤ん坊は母親と1階で寝ている。
ケイタは産まれてからずっと母親と寝ていたので、大丈夫かなと思ったが、夜中に寝ぼけで泣き出さない限りぐっすりと朝まで僕と一緒だ。

もっとも寝つくまでは「ママがいいー」と言って甘えているので、寝入ってから2階に連れて行くのだが。

思えばこの大きなダブルのベットで僕が寝るのは久しぶりだ。渓太が産まれてからこのベットは母親と彼の専用になってしまい、僕は寝室の床に布団をひいて寝ていたのだ。

ベットで寝ているカミサンと渓太に
「いいなぁー山の手のお大臣さまたちは……わしらなんか…(僕だけだが)地べただもんなぁー…」
と言ってひがんでいた。
たまに渓太の横に割り込もうとすると、
「お父さんは、あっち行ってッ!」などと言われてしまうのだ。

そんなわけで、久々にベットで渓太と寝ているのだが、この坊主はひどく寝相が悪い。
こっちが気持ちよく寝ていると、渓太の蹴りやカカト落としがを顔面を直撃する。
それだけじゃなくて広いベットを所狭しと移動して回っているようなのだ。転がるだけじゃなくて、夜中に寝ぼけて立ち上がってそのまま倒れ込んだりするので、危なくてしょうがない。
寒くなってきたのに、そんな渓太はいつも布団をはいでしまう。そのたびに掛けなおしてやっていると、なんだか少し幸せな気持ちがして、渓太の寝顔をしばらく見ていたりする。
それに、子どもなので体温が高くて、一緒に寝ているとあったかくて『いい感じ』だ。

朝になると、一緒に階下に下りていく。
先日の朝、ヒシッっと渓太が母親にしがみついていた。
赤ん坊が産まれてから、大好きな母親を取られてしまったように感じているのか、渓太もいろいろとがまんしているようなのだ。
「渓太が甘えているの?」
カミサンにたずねると、
「アタシが渓太に甘えてるの」と言う返事が返ってきた。
赤ん坊の世話でこのところ渓太と一緒に寝ていないという。

「渓太はお父さんのものだぞッ!」
冗談でそういうと、渓太は半分寝ぼけながらもしばらく考えてから、

「ケイタは、おとうさんのものじゃない…ケイタは…ボクは、ボクのものだッ!」
と言った。
たいへん正しい意見だ。ママの方がいいとでも言うかと思ったら、こんなことを言うのだ。
当たり前のことだけど、とても大切なことだと思う。
ボクはボクのもの…

「いいぞぉ、その考え方はすごくいい。正しい意見だ!」
僕は声に出して力強くそう言った。
[PR]

by tonjies | 2003-11-03 02:43 | 豚児1号 ケイタ
<< ぬいぐるみが好き 裸足で遊ぶ >>