豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
まるくて小さな赤ん坊
まるくて小さな赤ん坊  


赤ん坊は見ていて飽きない。

でも寝返りもできない赤ん坊を見ていると、その寝顔は天使のようなのだが、その実態はワガママし放題の自己主張だけで生きている自己中のようだ。
母親がどんなに寝不足で疲れていようともお構い無しに、ミルクやオムツを替えることを要求するし、ちょっとしたことでもグズッてなかなか泣き止まない。

僕がたまに抱き上げても、歩き回らないと泣き出す。ちょっと立ち止まってパソコンをいじっていようものなら「ふがぁー」と苦情を言うのだ。

人間の赤ん坊は1年間未熟児として生まれてくるのだそうだ。1年ぐらい経たないと自分では立てないし、一人ではとてもじゃないが生きてゆけない。
だから赤ん坊はえてして『かわいい』と周りに思わせることで自己の生き残り戦略としているのだという。

産まれたばかりの時は『サル』のようで目の焦点も合っていなかった(見えないのだから当たり前か?)ガクも一月過ぎて、だんだん人間の赤ん坊のようになってきた。
顔も体も丸くなって、何だか『かわいい』存在になってきたようだ。
目の焦点も合ってきて、親の欲目かもしれないが、その幼い瞳にすでに知性のヒラメキが込められているような気がする。
またその丸い顔つきも、何だかミルクのCMに出てくる赤ん坊のようにかわいらしく思えてしまのは、もう完全に親の欲目なのだろう。

どうも人類だけでなく哺乳類は、この丸くて小さいものに対して本能的に保護したり『かわいい』と思うようにプログラムされているようなのだ。
そのために哺乳類の赤ん坊は子猫にしろ子犬にしろ丸くて小さいことで、守ってもらうサインを出しているらしい。

さらに人間の赤ん坊は、ミルクでお腹がいっぱいで満足したときに、「にかぁー」と笑ったりするのだ。
馬鹿な親たちはそれだけでころっと参ってしまう。
そんな笑顔まで誰に習うこともなく身に付けているなんて、したたかな奴なのだとおもうものの、その笑顔をなんとか写真にとろうと身構えているのは他ならない親馬鹿な父親だったりするのだった。

ガクはよく「ッんがぁー」と踏ん張ってウンチをしている。渓太の時はこんなふんばり方をしなかったような気がする。ミルクよりも母乳を好んだり、小さいながらにも、お兄ちゃんとは違った個性を発揮しているようだ。
おしっこを母親にひっかけているところは似ているけれど…。
[PR]

by tonjies | 2003-11-24 02:46 | 豚児2号 ガク
<< 敵とみかた  自己中の4歳児を叱る >>