豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
恥ずかしいという気持ち
恥ずかしいという気持ち



先日、夕食の時にケイタの話を聞いていると、『母親と一緒にお風呂に入っている』ことが学校で話題になったらしい。

クラスの友達たちは誰も母親と一緒にお風呂に入っていない。ケイタが驚いて理由を聞くと、みんなは恥ずかしいからと答えたという。

子どもの成長はそれぞれまちまちであるし、意識の違いもあるのだろう。小学3年生ともなると照れてしまう子どもは、恥ずかしがって母親とお風呂に入らないということはよくわかる気がする。母親と一緒にお風呂に入っていると言ったのはケイタくらいだったらしい。

でも、ケイタにはこの『恥ずかしさ』というのが理解できなくて、真顔で母親に尋ねていた。

クラスの女の子の前で裸になるわけじゃないのに、お母さんやお父さんの前で裸になるのが、どうしてはずかしいのか。

「だって、家族じゃないかッ!」とケイタは言うのだった。

それはそれで正しい意見だ。
だけど、家族でもそれが恥ずかしいと思う子もいてもおかしくないんだよ。とケイタに説明した。


子どもと一緒に浴槽に入るときは、たいがい向かい合うようにしている。
お風呂タイムは遊びと思っているケイタは少しもじっとはしていない。潜ったりお湯を掛け合ったり、それは楽しいのだけど、そんな時は自ずからいろんな姿勢になる。ケイタが僕の目の前で、大股を広げて浴槽の両端に足をかけていることもよくある。

すると必然的に彼のポークビッツ大のチン子も僕の目の前にその裏筋をさらすことになるのだ。でも、そんなことには気もかけない様子でケイタは遊んでいる。

ひどい時には更に身体を反り返すので、袋の裏側どころか、「控え控え~!この紋所が目に入らぬか~! こちらにおわすお方をどなたと心得る! 恐れ多くも先の副将軍・水戸光圀公にあらせられるぞ!」で有名な水戸黄門様まで、眼前に来ることがあるのだ。

そんな黄門様を前に「者ども頭が高い!ひかえおろう!!」と言われても平伏すわけにはいかない。

そんな時はさすがに叱るけれど、笑ってしまうくらいに「恥じらい」のカケラもあったものではないのだ。

たぶん、母親と一緒に入っているときもこんなことをやっているのだろうか、と思う。

そういえば、「うんこッ!」と叫んで、ズボンとパンツを脱ぎ捨てたケイタが漫画本をを片手にトイレに駆け込むのも、今でも我が家で普通に見られる光景だ。

小学3年生になっても、幼稚園児の弟と同じ様に、チン子とオシリを出して平気でいる。

「だって、家族じゃないかッ!」

先ほどのケイタの言葉を思い出しながら、いつまでこんなことをやっているんだろう、と僕は考えていた。



   
[PR]

by tonjies | 2009-01-29 21:55 | 豚児1号 ケイタ
<< 発表会予行演習 お金の話 >>