豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
いじめられっこ   
いじめられっこ



先日渓太と買ったばかりの虫網をもって近所の公園に行った。虫を捕まえるんだと張り切っていたが捕まえられたのは小さな蜆蝶一匹だった。それも小さすぎて虫かごの隙間からあっという間に逃げていってしまった。
そんな調子だから、渓太はすぐに虫取りにも飽きて滑り台やブランコで遊んでいた。
休日だったから、家族連れでお弁当を広げている人たちもいて、公園はこども達がいっぱいいた。

その中で34人の幼稚園ぐらいの男の子たちが渓太の回りにやってきて、しつこく渓太をからかっていた。渓太の坊主頭が珍しかったのか、ずっと「一休さんだ」「一休が来たぞ」と言っている。
「一休!」「一休」と言われても渓太には何のことか分からないらしかった。
あんまりしつこいので渓太も
「いっきゅうじゃないっ、けいたっ」と言い返していた。それでも、こども等は「いっきゅう!」「一休ッ」とうるさい。
最後には渓太もむきになって、「いっきゅうじゃなーいッ」と怒っていた。

僕はその様子を傍らで黙って見ていた。よっぽどそのガキどもをシメてやるか、正座させて叱り飛ばしてやろうかとも思ったが、渓太自身が強気で言い返しているので放っておいた。

こんなに小さなうちから、自分たちとはチョッと異なるものに対してよってたかって「からかい」の対象にして喜んでいる精神とはどこからくるのだろう。
学校や子供たちの間でいじめがいつまでたってもなくならないのは、大人たちの社会がいじめや差別で満ち満ちているからだ。
いじめに負けない力、いじめに加わらない力(集団に付和雷同しない強い意志)を渓太に学ばせたいと思った。そのためにはこの日のような体験を何回も何回もしていく必要があるのだろう。


と言うようなことを、あーでもないこーでもないと僕はその日一日考えていた。だけど当の渓太はいじめられたなどとは少しも思っていなかったらしい。

その日の夕飯の時に母親とこの秋に生まれる二子の名前を考えていると、突然渓太が
「赤ちゃんのなまえは、いっきゅうがいい」と言い出した。
「それは今日お前がさんざん言われた名前だろ」
愚かな親が思っているよりも、こどもはずっと強いのかもしれない。
[PR]

by TONJIES | 2003-05-26 15:08 | 豚児1号 ケイタ
<< 少年と犬  渓太と玩具    >>