豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
誰もいない雪原
誰もいない雪原

d0046853_1914218.jpg

春休みに入って長野の田舎に遊びにいった。もう関東では桜も咲き始めている。でも長野のスキー場にいけばまだ雪遊びぐらいできるだろうと、子どもたちのスキーウェアも車に積んでいった。

僕の実家のあたりは雪のカケラもなかった。近くのスキー場に行って見ると、なんと雪不足で早くもスキー場が営業していない。リフトも動いていないし、レストランもクローズである。でも先週の寒波のせいで10センチほど新雪が積もっていた。

ソリ遊びをするくらいならこれで十分だ。

誰もいなゲレンデでガクとケイタにそり遊びをさせる。

負けず嫌いのガクは、人生なんでも勝負事と思っているらしく、兄とソリでレースをやっているつもりになっている。

勝ち負けの基準がよくわからないが、ガクだけの思い込みがあるらしく、負けると泣き出すので始末に終えない。

先に滑っている兄に向かって

「うぁーー、おにいちゃんー、おにいちゃんー、ガクが、ガクが…」

自分が勝ちたい一心で必死に泣き叫んでいる。

そんなガクに気を使ってくれたケイタがわざと転んでやると、ゲンキンなもので急に泣き止んだ。

「お兄ちゃん、クラッシュー」と喜んでいる。

d0046853_1914522.jpg


最後は母親ガクチームと父ケイタチームに分かれての雪合戦をやった。
日ごろの鬱憤を晴らすつもりか、カミサンは僕の頭めがけて雪ダマの集中攻撃をしてくる。

ふっ、しかたがない、降りかかる火の粉は払わねばなるまい…、

と普通の雪ダマの5倍くらいの雪の塊を、カミサンの顔にぶつけてやった。




   
[PR]

by tonjies | 2009-03-31 18:43 | 豚児2号 ガク
<< 往く春に思う お風呂の中のプール指導 >>