豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ケツを出すんじゃないッ!
(ケイタ)
ケツを出すんじゃないッ!



クレヨンしんちゃんの住んでいる町に僕たちは暮らしている。駅のところどころに『ようこそ、○○○へ』の登り旗が飾ってあって、その絵が全てクレヨンしんちゃんなのだ。
PTAが選んだ子どもに見せたくない番組の2番か3番にこの『クレヨンしんちゃん』が入っていた。たぶん主人公のしんのすけの行儀の悪さが、その理由の一つなのだろう。
僕は俗悪番組だといわれていたドリフターズの「8時だよ全員集合」を喜んで見ていた世代なので、そういうPTAの考え方にはくみしない。

クレヨンしんちゃんのマネをして、ケイタがこのところよくオシリを出す芸?をするようになった。何かというとズボンを下してオシリを出したがる。笑いを取ろうとしているのか、本人はそれだけでおかしくて変な声で(これもクレヨンしんちゃんのマネらしい)笑いっ放しなのだが、最初のうちは笑っていた母親の顔も最近では引きつりがちだ。

たぶんこの番組の影響なのだろうが、おしりだのケツだのという単語もポンポン飛び出してくる。ケイタの話では幼稚園でもはやっているらしく、この手の下ネタごときものを言いはじめると止まらなくなってしまう。
何かというと『おしり』だの『チンチン』という単語が口癖のようになって、まるで接尾語のようにつかわれているのだ。
TPOをわきまえよ、といっても幼稚園児には分かるわけもなく、言葉をおぼえ始めた弟のガクがいきなり『おしり』だの『チンチン』を覚えてしまういそうだ。


ケイタにガクの前では言ってはダメだと言い聞かせている。
そう叱るとしばらくはいわなくなるのだが、幼稚園ではこんなことばかり言っているのだろう。
だぶんケイタのまわりの一部だけなのだろうけれど、恥ずかしいことなんだという意識がほとんどないようだ。

オシリを出すこともそうだ。
ケイタは屋外で遊んでいる時でも、立ちションををよくする。ケイタはズボンのチャックからチンコを出しておしっこをすることがまだできなくて、パンツとズボンをひざまで下げておしっこをしている。小さなオシリを出しておしっこをしている様子は、噴水のしょうべん小僧そっくりでかわいらしいくて僕は好きなのだが、先日、たまたま通りかかった小学生達に笑われていた。

照れくさそうに僕のほうに戻ってきて、ズボンを下げないとオシッコが(ズボンに)かかってしまうんだ、と言い訳していた。

小学生のお兄ちゃんたちに笑われたことで、ケイタなりに『恥ずかしい』ということを感じたらしい。


「幼稚園でオシリ出しちゃダメだよ」
という母親に向かって、幼稚園ではしていないとケイタはいっているけれど、だぶんウケ狙いでやっているような気がする。
幼稚園で、「○○くんがこう言った」「○○くんがこんなことをした」と実に楽しそうにお友達の様子を話してくれる。
その何割かはこの手の下ネタの話だ。

そういうものが意味もわからずにおかしくてしょうがない時期なのだろう。
そのうち恥ずかしくなって自然にやらなくなるから、そんなに目くじらを立てることもないと僕は思う。


だけど、「おしり仮面ッー!」と叫んでいるケイタを見ると、ケツを出す宴会芸は大人になるまでとっておいたほうがいい、と僕は思うのだ。

むやみにケツを出すんじゃないッ!
[PR]

by tonjies | 2005-06-17 12:06 | 豚児1号 ケイタ
<< いちについて、ヨーイ、ドン ノーリードで >>