豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:子どもの本を読む( 2 )

『十五少年漂流記』を読む

十五少年漂流記 痛快世界の冒険文学 (1)

志水 辰夫 / 講談社



『十五少年漂流記』を読む



時々、本屋で、「ああ、この本はケイタが読むかもしれないな」と思って子供向けの本を購入することがよくある。

この『十五少年漂流記』もそのうちのひとつだ。

本読みの僕としては、何とか子ども達を本好きにしてこの楽しみを共有したいというか教えてあげたいと常々考えているのだが、なかなかうまくいかない。
僕の本棚からケイタでも読めそうな本をさりげなく彼の目に付くところに置いてみたり、あらすじを紹介してみても、長い小説は小学3年生にはとっつきにくいらしく、今のところ僕があげた本の中でケイタが読んだのは、教科書に出ていた谷川俊太郎や金子みすゞの詩集ぐらいだ。

でも、ケイタに本を読むことをあまり無理強いをしようとは思わない。無理強いをしてもマンガばかり読んでいるこの小学生が通じないし、にわかに本好きになるとはとうてい思えないからだ。

考えてみると、僕もケイタぐらいの頃は、長い話の本などあまり読んではいなかった。父親がやはり本が好きで、家の中には世界文学全集の類やトルストイをはじめロシヤ文学の全集がたくさんあったけれど、子どもだった僕にはとっつきにくい感じがして、あまり近寄らなかったことを覚えている。さらに三島由紀夫や川端康成など、自殺した小説家の本はなんだか恐くて、その背表紙が目にはいらないようにさえしていた。

そう、読んでない本というのは威圧感を与える存在でしかない。それは今でも書店や図書館で感じることだけれど、逆に読んでしまった本はその背表紙を撫ぜてみたくなるような親近感を覚える。
三島由紀夫も川端康成もトルストイも文庫本になっているような作品群をあらかた読みつくすとなんということはない。ただ知らかったから恐かっただけである。


本をほとんど読まなかった小学生の頃、僕が唯一何回も読み返した本が『十五少年漂流記』だ。
叔父からもらったこの本をそれこそ何回も何回も読み返した。子供だけで無人島に漂着する話だけに『秘密基地』に憧れた小学生の心の琴線に触れたのだろう。チェアマン島の地図を自分でも書き写して、ブリアン、サービス、ゴードン、ドニファンらの仲間に加わることを夢みていた。

大人になって完訳版の方も読んでみたけれど、やはり面白い。特に『蝿の王(ウィリアム・ゴールディング)のような悲惨な話にならないところがいい。


何年かぶりで(子供向け訳の方を)もう一度読んでみよう、寝る前に子供たちに読んで聞かせてあげようと思いついた。

我が家の子どもたちの就寝時間の9時だ。その時間に僕がいる夜は必ず、布団の中で少しづつこの『十五少年』を読んで聞かせるようになった。
ガクは聞いているうちにすぐに寝入ってしまうのだが、ケイタの方は「もっと、もっと」とせがむので、半分以上読み進みそろそろ悪者たちが登場してきた佳境にさしかかってきた。

気がつくと寝ているときもあるので、たまにストーリーを理解しているのかたずねてみると、ちゃんと理解しているらしく、島の大統領選挙でドニファンに票を入れたのは誰々と諳んじて見せたりもする。ケイタのお気に入りは主人公のブリアンで、自分を勇敢な主人公になぞらえているらしい。ガクはその弟のジャックで、犬のコロがファンなのだそうだ。
「じゃあ、おとうさんは、ゴードンな」
「おかあさんは、おかあさんは、…ケイトでいいか」
ちなみにこのケイトというのは少年たちに助けられる40過ぎのおばさんである。40過ぎのおばさんではカミサンがちょっと可哀相な気もしないではないが、まあいいか、ということで僕は黙って聞いていた。


ケイタの方はそんな感じで、読み聞かせがいがあるのだが、すぐに寝てしまう幼稚園児のガクには、このお話は少し難しいようだ。

先日もお風呂の中でおもちゃの船で遊んでいたガクが、

「おとうさんの読んでる本(十五少年漂流記)だよ」といって、2隻の船を衝突させて沈没させていた。

少年たちを乗せたスラウギ号がニュージーランド沖で沈没。

それではいきなり十五少年のお話が終わってしまうではないか。




   
[PR]

by tonjies | 2009-02-21 01:43 | 子どもの本を読む
やまのかいしゃ
やまのかいしゃ



「ケイタはねぇー、やまのかいしゃにいきたいんですぅー!」

最近豚児がよく言うセリフだ。

やまのかいしゃというのは、僕の好きなスズキコージさんの絵本のことだ。

朝、会社に行こうとして電車を乗り間違えたうっかりものの“ほげたさん”。
電車は会社のある町のほうではなく、どんどん田舎の山のほうに向かってしまう。
そこで“ほげたさん”は、

「そうだ、やまのかいしゃに行こう!」

といって、そのまま会社には行かず、勝手に山をずんずん登っていってしまうというお話だ。

途中で出会った同僚の“ほいさくん”といっしょに山の頂上で仕事を始める。
(どんな仕事だよッ!とツッコンではいけない)

“ほげたさん”は、やまのかいしゃは空気もおいしいし、景色もいいので会社のみんなをここに呼ぼうと街の会社のしゃちょうに電話をかける。
みんなを連れてやってきたしゃちょうは、山の頂上のおいしい空気やきれいな景色がたいそう気に入り、次の日からみんなで、山の頂上で新鮮な空気をおもいっきり吸い込んで、体操をしたり仕事をしするようになった。

でも、やまのかいしゃは少しも儲からないので、みんなはやまのかいしゃは“ほげたさん”と“ほいさくん”にまかせて、帰っていってしまった。

残されたふたりは今でも、やまのかいしゃで元気にやっている・・・






というような、とってもおかしな(だけど意味深い)絵本なのです。

ケイタは何故かこの本が好きで、何回も読んでくれとせがまれた。
このくらいの子供にとって、お父さんが働きに行っている『かいしゃ』というものをどういう風にとらえているのだろう。

夜、遅くに会社から電話すると、

「おとうさん、やまのかいしゃにいっているの?」と渓太が言う。

「そうだよ、“ほげたさん”も“ほいさくん”も、いっしょだよ」

「へぇー、そうなのかぁー」



3歳の子供にとって他所でお父さんが何をやっているかなんてわかっていない。
家でゴロゴロしている父しか見ていない子供にとって、“かいしゃ”というのは、どういう感じで思われているのだろう。
電車に乗って新幹線が走っている街にいけるというだけでうらやましく思っているのかもしれない。

不景気のどん底のような日本経済の中で、嫌なニュースばかりだし、自信も失って元気のないサラリーマンが多い。僕の乗っている電車の中でも毎朝疲れた顔のオヤジが目立つ。(僕もその一人だけど…)

でも、そんな疲れたオヤジたちに、このやまのかいしゃの絵本を読んでもらいたいと思う。

みんなでやまのかいしゃにいけば、いいんだよ。ホントに・・・。

d0046853_6351061.jpg


やまのかいしゃ

スズキ コージ / 架空社


[PR]

by tonjies | 2003-01-05 06:28 | 子どもの本を読む