豚児1号ケイタ          (12歳 1999年11月生)    豚児2号ガク           (8歳 2003年10月生)    ころすけポー (このBlogを書いている豚児たちの父親)   
by tonjies
カテゴリ
全体
豚児1号 ケイタ
豚児2号 ガク
パンツへの道
デジカメ日記
犬のコロと
猫のポーと
バカ親
思うこと
遠い思い出
子どもの本を読む
以前の記事
2012年 09月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
生徒の学ぶ意欲を高揚させ..
from 名言ブログ
12/19蜿キ
from 日刊エキブロ新聞
鉛筆
from 日用品etcの基礎用語・・・..
■ムシキングジェットって..
from オフレコの記録
ころすけポーの他のBlog
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:豚児1号 ケイタ( 230 )

もう、中学生
もう、中学生



豚児1号が今年度から中学生になった。先日入学式があり、学生服姿もりりしい中学一年年である。

小学1年生の時に、あんなに大きく見えたランドセルが小さくなってきたなと思っていたら、もう中学生だ。

声変わりもしはじめているようだし、何よりももう、児童ではない。

「学校教育法」
学校教育法における児童とは、小学校の課程、特別支援学校の小学部の課程に在籍して、初等教育を受けている者をいう。おおむね6歳から13歳までである。
また、中学校の課程、高等学校の課程などに在籍して中等教育などを受けている者は、生徒(せいと)と呼ぶ。


そうもう「児」ではないから、学校教育法の範疇では豚児ではない。相変わらず愚かな息子(愚息)ではあるけれど…

これからは、下の子(まだ小学3年生)中心のブログになっていくのかな。と言いつつも、ここのところほとんど更新せずに放ったらかし状態なのだけど…
[PR]

by tonjies | 2012-04-14 23:36 | 豚児1号 ケイタ
東京スカイツリーを見に行く
東京スカイツリーを見に行く
d0046853_19203768.jpg


家の近所のグランドからも天気がいい日は遠くに霞んだスカイツリーの姿が見える。
我が家は東武線沿線にあるので、浅草まで電車で30分ぐらいだ。今話題のスカイツリーは浅草駅のひとつ手前の業平橋(この駅の名称は東京スカイツリー駅になるそうな)
にあるのだが、僕たちはまだ近くでこのスカイツリーを見たことがなかった。

夏休みに入ったある日、

「では、ゆくか」
「ゆく?…どこへ?…」
「くだんの業平橋さ、ゆかぬのか?」
「うむ、ゆく…」
「ゆこう」
「ゆこう」

そうゆうことになった。

(このあたりは夢枕獏『陰陽師』のパクリ、業平橋は平安時代の在原業平由来の場所だし…関係ないか)

電車を降りると埼玉の田舎と違い都会である。

d0046853_19214834.jpg


スカイツリー完成も近いとあって、猿回しなどもやっている。

d0046853_19293522.jpg

d0046853_19233730.jpg

d0046853_1924913.jpg

マスコットの『ソラカラちゃん』である。
(なんか…違う…)

d0046853_1924503.jpg

あれれ、この色は?

d0046853_19252433.jpg

d0046853_19255167.jpg


東京タワーじゃないかッ!


実は浅草近くまで来ると、最近はやりのゲリラ豪雨というヤツでとても駅から外に出られそうもない。どうしようかと、iphoneで雨雲の様子を確認すると、どうも雨が降っているのは浅草あたりだけで都心方面は全く降っていない。
それでは、同じタワーだからいいかと子供たちをなだめて急遽「東京タワー見学」に切り替えたのだった。

東京タワーも子どもたちは初めてだったので、このオノボリサン一行は写真をとりまくりとても喜んでいた。
僕も長年東京近郊に住んでいて、仕事でこの辺りには何度も来た事があるけれど、東京タワーの展望台に上ったのは初めてだった。展望台からはお目当てのスカイツリーも見えたし、それなりに楽しかった。

ケイタはタワーの置物を自分のためのお土産に買っていた。僕も『根性』とかの文字が入った貰っても困るようなキーホルダー(修学旅行の中学生が買いそうな)がないか探していたが、さすがに今時そんなものはなかった。

d0046853_19262820.jpg

今年の大震災時にちょっと曲がってしまった、タワーのてっぺんの避雷針…




   
[PR]

by tonjies | 2011-08-12 19:26 | 豚児1号 ケイタ
バレンタインなんか嫌いだぁー!
バレンタインなんか嫌いだぁー!



バレンタインなんか嫌いだぁー!と叫びながらかけていく小学生男子・・・・

というようなタイトルを思いついたのだが、我が家の息子たちはあまりバレンタインディには関心がなさそうだ。
ガクはチョコレートは食べられないし、ケイタの方は上記のタイトルと異なり、クラスでももてているらしい。

去年の話、たまたま2月14日が日曜日だったものだから、ケイタのクラスの女の子が午前中にチョコを自宅まで持ってきてくれるということになった。
自宅の場所がわからないので途中で電話をくれるとのこと。

母親がケイタから聞き出した情報はそれだけだったのだが、それを踏まえてケイタを観察していると、なんだか落ち着きがない。こういう時に何か言ってからかうとムキになって怒り出すので、僕は黙ってみていることにした。

しばらくして電話が鳴った。ケイタが受話器をとり打ち合わせをしている。場所がうまく説明できないらしく、外に迎えにいった。

やがて、お目当てのチョコをゲットして帰ってきたのだが、どういうわけか、そんなチョコにはさも関心がなさそうに居間のテーブルの上に置いてまま遊び始めた。
たぶん照れくさいらしい。

どうやらラッピングからみて手作りのチョコレートのようだ。
僕は、からかいたいのをこらえて黙ってみていた。

しばらくすると

「さーて、チョコでも食うかぁー」とワザとらしい独り言を言いながらもぞもぞとチョコを食べ始めた。

「あれっ、なんか入っているぞ!あっ、ビニールだ」

ケイタが口から取り出したのはサランラップの切れ端のようだった。

僕は笑いを堪えきれずに、それは多分チョコを固める時に使った台所のラップだと思うよ、とケイタに説明した。

学校でその女の子に「ビニールが入っていたぞ」とケイタは言いつけたらしい。後日、お詫びと言うことで再びチョコをもらっていた。
[PR]

by tonjies | 2011-02-12 10:33 | 豚児1号 ケイタ
子どもの夢をぶち壊す話
子どもの夢をぶち壊す話



我が家ではクリスマスツリーにサンタさんへの手紙が七夕のようにつり下げてある。サンタさんへのプレゼント希望の商品なのだが、今年、ガクは『オフロードのラジコンカーが欲しい」書いている。
小学1年生のガクはまだサンタを信じているようで、窓の方に向けて手紙を飾らないとサンタさんにはわからないよ、と教えると、あわててツリーの窓側に手紙を付け替えていた。

そんな可愛らしい弟に対して、兄の方の手紙には、欲深くたくさんのゲーム機やらゲームソフトを並べて書いてある。まるで注文書のようだ。さらに最後に『もしこれがダメだったら一万円』と念をおしている。

そんな不心得者にはサンタクロースは絶対にこないと思うが、そもそもケイタはもうサンタクロースを信じていない。

先日の夕食時にケイタがガクに向かってこんなことを言い始めた。

「子どもの夢をぶち壊すようで、悪いんだけど・・・」

(お前だってまだ子どもである)

「子どもの夢をぶち壊すようだけど、サンタクロースは、いない・・・から・・・」

そう得意気に、ガクに向かっていうのだ。

その時はガクの手前、「お父さんはいると思うよ」と誤魔化しておいたが、後で二人だけの時にケイタに別の話をした。以前このブログにも書いた数年前の新聞投書の話だ。



数年前の新聞の投書欄に載っていた父親と小学生くらいの子どもの会話

「お父さん、サンタさんって本当にいるの?」
「ああ、いるよ」
「だって、プレゼントはお父さんが買ってきてくれるんでしょう」
「ああ、そうだよ」

そのあとのお父さんの説明がよかった。

「サンタさんは世界中の子供たちにプレゼントをあげたいって思っているんだ。
だけど、サンタさん一人ではとても世界中の子どもたちにプレゼントをあげることができない。
だからサンタさんは、世界中のお父さんやお母さんに、子どもたちにプレゼントをあげたくなるように魔法をかけるんだ。
だって、不思議だろ、クリスマスになるとみんなが子どもたちにプレゼントをあげたくなるなんて…
これはきっとサンタさんの魔法なんだよ」

(2005年12月13日 『ママがサンタにキスをした』より)
 
という深イイ話をしてやったのだが、言い方がまずかったのか、ケイタの感性が鈍いのか、キョトンとした顔をして、「へんな話!」と言っていた。

「変な話かぁー、そうだよなー、だけど、ケイタ、自分で言うのも何だけど強靭な精神力をもつお父さんは、残念だけどこのサンタの魔法にはかからないから、子どもの夢をぶち壊すようだけど、ケイタには今年のクリスマスのプレゼントは、無しッ、以上!」

そういってこの話を切り上げた。
[PR]

by tonjies | 2010-12-20 23:03 | 豚児1号 ケイタ
手のひらにマジックでメモ書きする子ども
(ケイタ)
手のひらにマジックでメモ書きする子ども


ケイタは時々、手のひらにマジックで何かを書いて学校から帰ってくる。忘れ物をしないために小学生男子がよくやっている手のひらメモだ。

忘れ物をしないための連絡帳をケイタもガクも一冊ずつ持っている。毎日明日必要な学習道具や父兄への連絡など書き込む専用のノートなのだが、ケイタはそんなノートよりも手のひらの方が安心できるようだ。

先日も手のひらを真っ黒にしているので、のぞいてみると、やはり明日もっていかなければならないものを書き込んでいた。

「連絡帳があるだろ?」

と尋ねてみるとケイタは、

「その連絡帳を見ることを忘れないように、ここに書いているんだ」

と答えた。なるほど、どんなに明確にメモ書きしても、それを見るのを忘れては意味がない。

TVゲームやネット動画など、僕の子ども時代にはなかったものがあふれていて、それを当然のように今の子どもたちは使いこなして遊んでいる。

だけど、昔とちっとも変わっていない、小学生男子のバカさ加減を目の当たりにすると何だか嬉しくなってしまった。
[PR]

by tonjies | 2010-12-03 19:41 | 豚児1号 ケイタ
十人十色(じゅうにんといろ)
【十人十色】 じゅうにん‐といろ

〔名〕 好みや考えなどは、人によってそれぞれみな異なるということ。十人いれば十種の個性があることから、考え方や好みなどが各人それぞれに違っていること。
(日本国語大辞典より)


先日ケイタがこの『十人十色』を『十人トイレ』といい間違えていた。

おしいっ!一番最後の音が『ロ』と『レ』の違いだけなのだけど、パンツを脱いで大の方をしにトイレに入りながら、

「十人トイレって言葉があるよなー」と威張って言っていた。

???・・・なぜ威張りながら言う?・・・意味がわからない。


いつも長便を叱られているから、こんなことを言い出したのだろうか、ケイタの場合は長いといっても、とっくに用は済ませているのにトイレの中で漫画本を読んで遊んでいるのだ。


【十人トイレ】 じゅうにん‐といれ

〔名〕 ウンコやオシッコなどは、人によってそれぞれみな異なるということ。十人いれば十種の個性があることから、長便、早便等、排泄の仕方やその時間などが各人それぞれに違っていること。


ということか?


   
[PR]

by tonjies | 2010-10-12 23:41 | 豚児1号 ケイタ
次は株と為替の値動きです
次は株と為替の値動きです


TVのニュース番組の終わりあたりに、その日の日経平均や外国為替の値動きののアナウンスがあると、ケイタとガクが顔を見合わせて、クスクス笑っている。

「次は株と為替の値動きです」というところで必ずニコニコするのだ。

ここは笑うところではないだろう。まさか、こいつら親に隠れて投機でもやっているのか、と思いきや、どうも「株と為替」というものをまるっきり勘違いしているようなのだ。

なんで可笑しいのか聞いてみると、カブとカワセを食べ物のことだと思っていたらしい。

小学1年生のガクは国語の授業で「おおきな蕪」をちょうど習っていて、毎日の音読の宿題で

「うんとこしょ、どっこいしょ、とうとう大きなカブは抜けました」

と大きな声で教科書を読んでいる。

どうやらNHKのアナウンサーもこのカブのことを言っているらしい、だからカワセというのも何だかよくわからないけれど食べ物のことだろう、と考えていたという。

そんな食べ物の値段を毎日ニュースでやっているのが可笑しいと笑っていたのだ。

確かに農作物の値段の動きもニュースバリューはあるだろうが、そこまで緻密にニュースソースになるとは思えない。

この株と為替の値動きに血眼になって一喜一憂している人たちもたくさんいるだろうに、勘違いとはいえ、まさか小学生に笑われているとは彼らも思ってもみないことだろう。

ガクはともかく小学5年生の兄まで、このカブで笑っているのだから、困ったものだ。うんと噛み砕いて株式投資と外国為替について説明しておいたが、たぶん彼は理解していない。




  
[PR]

by tonjies | 2010-09-16 21:28 | 豚児1号 ケイタ
二つのバイキング
二つのバイキング
d0046853_21274298.jpg


海水浴に行った先のホテルの夕食は、バイキング料理だった。

「バイキング、楽しみだなぁー」

近頃、食欲が半端ではない小学5年生のケイタは、初めてのバイキング形式の料理を楽しみにしているらしく、パンフレットを見て、あれも、これもとシュミレーションしていた。

やっと夕食の時間になって、

「よーし、バイキング、いくぞー」

というケイタに、ガクが、

「ボクは、ぜったいに、バイキングに行かないからねッ!」

とむきになって反論していた。相変わらず好き嫌いが多いけれど、学校の給食のおかげで、以前に比べると食べられる食品が多くなっているのに、どうしてバイキング料理が嫌なのだろうと思っていると、ガクが言っているのは、乗り物の方の『バイキング』だった。

そのホテルには小さな遊園地が併設してあって、その中に『バイキング』がある。ボートが振り子のように揺れる乗り物だけど、豊島園にあるような大きな絶叫マシンではなくて、小さな子どもでも安心して乗れるようなお子チャマ向けの、豊島園のそれをミニチュア化したものだった。
でも、この手の遊園地の「恐い乗り物」が、ガクは嫌いらしく、絶対に乗らないと出かける前から宣言していた。
春のGWに行った東京ディズニーランドで、お子様向けのジェットコースターに乗って以来、ガクはこの手の「恐い乗り物」は苦手なのだ。
トゥーンタウンにある小さなジェットコースターがガクの初めてのジェットコースター体験だった。乗り終えて「どうだった?」と母親が聞くと、ガクの目からほろリと涙がこぼれたという。恐かったらしい。

そんな事があったので、ガクは遊園地の絶叫マシンには本当に苦手のようだ。

さて、そんなガクでも恐くない『バイキング料理』の夕食の方は、ガクもカレーやポテトフライを喜んで食べていた。

ボクもビールのツマミになるようなものを、あれこれ持ってきて食事をしていたのだが、ケイタがいくつも皿を運んでは、別の料理を取りに行ってなかなか帰ってこない。何皿も自分の前に運んできては喜んでいた。
大丈夫かと思えるくらいの量をとってきてやっと食べ始めた。

「全部、食べるんだぞ」といったものの、とてもケイタ一人で食べれる量ではないのだ。
まあ、半分ぐらいは僕が食べてやるか、と思っていたのだが、あきれることにケイタは「うめぇー、うめぇー」といいながら、あらかた一人で食べてしまった。
海で思いっきり泳いだ後で、おなかが空いてたのは分るが、食べ盛り、育ち盛りなのだなぁーと思う。

まるで、普段ろくに食べさせてもらっていないかのように、ケイタは「うめぇー」を連発していた。

最後に、おかわりと称してライスに豚の角煮をかけて持ってきた。体育会系男子の食欲は末恐ろしい。


d0046853_21282570.jpg





  
[PR]

by tonjies | 2010-08-10 20:02 | 豚児1号 ケイタ
林間学校の準備
(ケイタ)
林間学校の準備


先日家に帰ると、ケイタが「ジンギスカン」を踊っていた。すいぶん古い曲だ。70年代ぐらいの曲ではなかろうか。むかし田舎の姪っ子が幼稚園で踊っていたのをみたことがあるけれど・・・他にも、マイムマイム。ジェンカ・・・と踊ってみせてくれた。

夏休みの林間学校の『キャンプファイヤー』の練習らしいのだ

ケイタはクラスで一番上手に踊るそうだ。

コイツは幼稚園の頃からこの手の踊りが大好きで、運動会などでは周りの誰よりも、力いっぱいに踊っていたものだが、それは小学5年生になっても変わらないらしい。

サッカークラブで一緒の同級生のS君など恥ずかしがって踊らないという。もう5年生くらいにもなると、照れや気恥ずかしさでみんなで踊ることを嫌がる子もいるのだろう。その気持ちもよくわかる。

しばらくしてケイタの学校の授業参観があり、学年全体でのこのキャンプファイヤーの練習を見に行った。

自らクラスで一番上手に踊ると豪語しているだけあって、ケイタは誰よりも激しく踊っている。暑い体育館が子どもたちの熱気で更に暑くなっていた。そのなかを頭から湯気を出して、ケイタがうれしそうに飛び跳ねている。

S君はというと、恥ずかしそうに手足を動かすフリをして誤魔化している。目があうと照れくさそうにしていた。この子はサッカーをやらせれば、ガツガツとボールを追うチームキャプテンをしている子なのだが、学校ではいつもこんな調子らしい。あまりにやる気がなさそうなので、先生からどこか具合が悪いのか尋ねられていた。

だぶん先生はS君を誤解している。違うのだよ、先生、恥ずかしがっているだけで、そいつは本当はガッツのあるやつなのだ。

子どもの成長はまちまちで、いろいろな子どもがいて面白い。

もうすぐ、夏休み、林間学校にサッカー合宿、小学生の楽しい夏はこれからが本番だ。
[PR]

by tonjies | 2010-07-15 18:55 | 豚児1号 ケイタ
食卓の作法
食卓の作法


家族そろっての夕食は楽しい

その日に学校やサッカークラブであったことを話しながらの賑やかな夕食になる。たいがいガクとケイタはゲラゲラ笑い合いながら食事をしている。食事中は沈黙を守るほど厳格な家庭ではないので、おしゃべりをしながらの食事でいいのだけど、二人とも大口を開けて笑うので、口の中の咀嚼中の食べ物が丸見えなのだ。

そんな時にケイタは「ガク、きもいー」とよく言っているが、自分の方が大口をあけているのだ。二人に食事中の作法を話して聞かせた。
大事なのはみんなで楽しく一緒に食べることだから、一緒にいる人を不快にさせないことがエチケットの基本だと諭す。

食事の作法 その1 物を噛んでいるときは大口を開けない。

「ほら、お母さんをみてごらん、口の中を見せないで食べてるだろ」

ほかにも話に夢中になると、ケイタもガクも箸で相手を指し示して話をしていることがあるので、箸の使い方も教える。

「ガクちゃん、箸の使い方でイケナイ使い方があるんだよ。まず第一に箸でモノを指さす『指しバシ』、これは食事の時にはしてはいけないんだよ」

他にも、寄せバシ、ねぶりバシ等を説明していると、カミサンが、

「迷いバシというのもあるよ。どの料理を食べようかなって、箸があっちこっちに迷うのもマナー違反なんだよ」

食事の作法 その2 正しい箸使いをしよう

この辺りまでは教育的な話だったのだが、つい興ににのって僕が、

「あと、箸を使って相手の目を突くのも、プロレス技で目潰しというんだけど、マナー違反だな」と軽くギャグをかますと、隣で聞いていたケイタのギャク魂というか心の琴線に触れたらしく、バカっ話が好きな小学5年生がさっそく食いついてきた。
真面目くさってガクに言っている。

「いいか、ガク、他にも、箸を使って鼻くそをほじるのも、『鼻くそバシ』て言ってイケナイことなんだ。耳をほじるのは『耳クソバシ』…

そんな事を言い合いながら二人でゲラゲラ笑っている。

ケイタの箸使いの話は更にエスカレートして、

「箸を使ってチン子をいじるのは『チン子バシ』」

だんだんシモネタに向かう小学生ギャクはとどまることを知らない。
[PR]

by tonjies | 2010-06-12 17:24 | 豚児1号 ケイタ